サムネ背景

蚊やり豚の使い方!万古焼の蚊遣り豚!「松尾製陶所」で生産がピーク!

0972katoributa01

 

今回は、蚊やり豚の使い方、万古焼の蚊遣り豚について調べてみたよ。

 

蚊やり豚ってなんか情緒があっていいわよね、でも何で豚なのかしら?

 

スポンサードリンク

蚊やり豚(蚊遣り豚)とは?

蚊やり豚(かやりぶた)は、蚊遣器の代表的な形状の一つで、三重県四日市市の萬古焼(万古焼・ばんこやき)の蚊やり豚が特に有名だよ。

 

なんで蚊遣器の形状に豚が使われるようになったかは、いろいろな理由があるらしいが、はじめは徳利を横向きにして蚊遣器として使っていたものが、だんだん形が変わっていったという説もあるらしい。

 

あとは、養豚場で蚊よけに円筒状の土管のような器を使用していたけど、少しづつ煙を出したいからその口が徐々に小さくなっていって、それを製品化することになった時に豚の形に変化したという説が、「三丁目の夕日」でも取り上げられていたね。

 

蚊やり豚の使い方

蚊やり豚の使い方を調べてみたよ。

 

1.蚊取り線香と蚊やり豚を用意する。

2.ぶら下がっている針金に蚊取り線香を引っ掛ける。

3.火を付ける。

 

蚊やり豚の使い方は、言葉だけで説明するとこれだけになっちゃうけど、詳しく説明しているサイトがあるから紹介しておくね。

 

蚊やり豚の使い方 _ カモシカ商店ブログ

 

蚊やり豚には、針金で吊るすタイプの他にも、いろいろな種類があるみたいね。

 

色々な種類の蚊やり豚

 

スポンサードリンク

万古焼の蚊遣り豚

蚊やり豚のシェアは万古焼(萬古焼)がほとんどを占めていて、三重県四日市市と菰野町でほとんど製造されているらしいよ。

 

三重県菰野町の万古焼メーカー「松尾製陶所」では、夏を前にして生産がピークになっているみたいだ。

 

蚊やり豚は見た目がかわいいから、インテリアとして購入する人も多いみたいよ。

 

萬古焼(ばんこやき、万古焼)は、陶磁器や焼き物の一つで、葉長石(ペタライト)を使用して耐熱性に優れているという特徴があるよ。

 

三重県四日市市の代表的な地場産業で、1979年(昭和54年)1月12日から伝統工芸品に指定されているみたいだ。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ