サムネ背景

川井梨紗子(かわいりさこ)の家族(父・母・妹)や身長、中学のwiki

 

川井梨紗子(かわいりさこ)の家族(父・母・妹)、身長や中学、高校、経歴などのwikiプロフィールをまとめました。

 

スポンサードリンク

川井梨紗子のプロフィール

川井梨紗子(かわいりさこ)さんの生年月日は1994年11月21日で、現在の年齢は21歳。

 

石川県津幡町出身の女子レスリング選手で、身長は160cm。リオオリンピックでの階級は63kg級です。

 

川井梨紗子選手の家族

川井梨紗子選手の家族は、父親と母親、妹が2人います。

 

父・川井考人さんは、地元の石川県で高体連レスリング専門部専門委員長を務めていて、日本体育大学時代には、1989年にグレコローマンレスリング74kg級の学生2冠王者になった実績があります。

 

母・川井初江(旧姓:小滝初江)さんも元レスリング選手で、1989年に行われた「世界選手権」の53kg級に出場し7位の成績を収めました。あの山本美憂さんとチームメイトだったそうです。

 

そして、妹2人もレスリング選手。次女・川井友香子さんは現在、姉と同じ至学館大学に在籍。三女・川井優梨子さんもレスリングで活躍しています。

 

スポンサードリンク

川井梨紗子選手の学歴や経歴

そんなレスリング一家に生まれた川井梨紗子選手は、津幡中学3年生の時に「全国中学生選手権」52kg級で優勝を飾ります。

 

高校は至学館高校に進み、2年生の時に「ジュニアクイーンズカップ」カデットの部と「全国高校女子選手権」で優勝。

 

さらに、「世界カデット選手権」でも優勝し、「全日本レスリング選手権大会」51kg級では3位でした。

 

高校3年生で出場した「全日本選抜」では、2回戦で20歳年上の山本美憂を破るなどして優勝を飾り、「世界選手権」の代表に選ばれました。

 

2013年に至学館大学に進学し、「ジュニアクイーンズカップ」のジュニアの部で優勝。「世界ジュニア」でも優勝を飾りました。

 

大学2年生で出場した「ジュニアクイーンズカップ」ジュニアの部で2連覇を達成し、「アジア選手権」58kg級でも優勝。

 

「世界ジュニア」では59kg級に出場し、前年の55kg級に続き2階級制覇を達成。2015年3月に行われた「ワールドカップ」でも優勝を飾ります。

 

川井梨紗子選手は、同じ階級に伊調馨選手がいた為、周囲の勧めもあり63kg級でリオデジャネイロオリンピックの出場を目指します。

 

そして、2015年6月に行われた「全日本選抜」では、アジアチャンピオンの渡利璃穏選手を破って初優勝を飾ります。

 

9月に出場した「世界選手権」は、63kg級に変更して初めての国際大会。決勝でロンドンオリンピック銅メダリストの選手に敗れますが、見事銀メダルを獲得。

 

その結果、規定により12月に行われる「全日本選手権」に出場すれば、リオデジャネイロオリンピックの代表が内定することになりました。

 

「全日本選手権」では1階級下の60kg級に出場し、決勝で至学館高校3年の妹・友香子選手との姉妹対決が実現。

 

結果は、10-0のテクニカルフォールで圧勝し、リオオリンピック代表が決定。2016年2月に行われた「アジア選手権」でも優勝を飾っています。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ