サムネ背景

桂歌丸と三遊亭小円遊の画像と写真!wikiプロフィール!

0905utamaru03(画像:https://www.youtube.com/

 

桂歌丸さんとと三遊亭小円遊さんのケンカ腰の掛け合いが話題になっているよ。

 

桂歌丸とと四代目三遊亭小円遊の掛け合いは、笑点の名物だったもんな。懐かしい画像や写真でも探してみようか。

 

【話題記事】中田敦彦のご意見番化に対しての評判は?ベッキー、舛添知事など持論!

 

スポンサードリンク

四代目三遊亭小円遊のwikiプロフィール

0905koenyuu01(画像:https://www.youtube.com/

 

4代目三遊亭小圓遊(さんゆうてい こえんゆう)さんは、1937年8月3日生まれで、1980年10月5日に43歳という若さで亡くなった落語家さんだよ。

 

三遊亭小圓遊さんは、群馬県前橋市の出身で、育ちは東京、亡くなられたのは山形県東根市だったわ。本名は関根 尚雄(せきね ひさお)さんよ。

 

1966年5月15日から放送が始まった『笑点』に第1回から参加していたけど、1969年4月6日、初代司会の7代目立川談志さんとレギュラーメンバーとの対立で一度降板しているみたいだね。

 

1969年11月9日、談志から前田武彦に司会が交代して、大喜利のライバルだった桂歌丸と一緒に大喜利メンバーに復帰している。

 

笑点にはそんな過去があるんだね。

 

4代目三遊亭小圓遊さんは、1980年10月4日に山形県村松市民公民館で行われていた「秋まつり爆笑大会」で「蛇含草」を演じようとした時に気分が悪くなって病院に運ばれ、食道静脈瘤破裂で、翌日5日19時44分に43歳の若さで亡くなられたのよ。

 

笑点には亡くなられるまで大喜利のメンバーとして参加していたんだね。

 

【話題記事】満島ひかり 離婚の理由は浮気による不倫?原因は瑛太の弟 永山絢斗?

 

スポンサードリンク

桂歌丸さんのwikiプロフィール

0905utamaru02(画像:https://www.youtube.com/

 

1975年 懐かしの笑点動画

 

桂 歌丸(かつら うたまる)さんは、1936年8月14日生まれの79歳で、本名は椎名 巌(しいな いわお)さんだよ。

 

桂歌丸さんは神奈川県横浜市中区真金町(現:南区真金町)出身で、奥さんは椎名富士子さん、血液型はA型、横浜市立横浜商業学校定時制を中退しているわ。

 

桂歌丸さんは『金曜夜席』という『笑点』の前身番組の第1回から出演していてるみたいだよ。

 

『笑点』になってからも、談志との対立で1969年4月6日から11月2日まで降板したのと、病気療養で休んだ以外はずっと出演し続けている。

 

笑点の大喜利では、4代目三遊亭小圓遊さんとの掛け合いの後は、6代目圓楽(当時・楽太郎)さんとの罵倒合戦がお約束だよね。

 

6代目円楽(当時:楽太郎)さんとの罵倒合戦が始まったきっかけは、ネタで悩んでいた楽太郎さんに対して「(ネタは)俺のことでいいから」って歌丸さんが提案したからみたいよ。

 

あくまでも番組上の演出で、2人は本当は仲が良くて、桂歌丸さんと6代目円楽さんの二人会とかで共演する事が多いらしいよ。

 

2人が仲がいいのは見ていれば分かるよ。桂歌丸の降板で一番ショックを受けているのは6代目円楽だよな。

 

それにしても、落語家さんは名前が変わるからややこしいね(^-^;

 

【話題記事】神木隆之介の珍事件とは?223センチ236キロのプロレスラーは誰?

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ