加藤旭(かとうあさひ)さんが死去 作曲した「船旅」を聴きながら

脳腫瘍と闘いながら作曲活動を続けていた

高校生、加藤旭(かとうあさひ)さんが

お亡くなりになられました。

2016年5月20日、

16歳という若さでした。

 

スポンサードリンク

 

5月26日、

音楽活動団体アーツスプレッドの

公式サイトで発表されました。

 

加藤旭さんの母親の希さんが、

「懸命に病と闘ってきた息子ですが、

2016年5月20日、16歳(高2)で

旅立ちました。『じゃあいくね』と自分で

旅立ちを決めたような表情でした」

と報告したようです。

 

加藤旭さんは、ピアノ曲27作品を

収録した「光のこうしん」という

ファーストアルバムを発表して、

大きな注目を集めました。

去年の5月のことでした。

 

加藤旭さんは、1999年10月に

滋賀県彦根市で生まれました。

 

3歳からピアノを習い始めた加藤旭さんは、

4歳で楽譜を書き始めたそうです。

 

「小田原ジュニア弦楽合奏団」に

小学校3年生の時に入団しました。

 

「こども定期演奏会」のテーマ曲に

作品を応募して、2006年と2009年に

採用されたそうです。

 

これは、東京交響楽団が

毎年サントリーホールで行っています。

 

スポンサードリンク

 

加藤旭さんが脳腫瘍を発症したのは、

中学2年生の秋で、今年に入ってから

病状が悪化したと、母親の希さんが

おっしゃっていたそうです。

 

ギリギリの状態のなか、

3月半ばから2枚目のCD制作を

スタートさせたようです。

 

5月の初めごろには、

「意識がもうろうとしているはずなのに、

両手をゆっくりと鍵盤にのせて、

愛おしそうに鍵盤を押しました。

 

もう上半身の自由は奪われ、

手にはほとんど力は入らない状態です。

 

指先に、体すべての力を気迫で集めて

いるようでありながら、

 

鍵盤に触れる手の動きはいつもの

彼らしくエレガントに見えました。

 

極限状態であっても音楽を愛している

旭の姿に、家族は圧倒され、

言葉を失い、見守りました。」

 

5月18日は次の作品「光のみずうみ」

というCDの入稿日だったそうで、

 

「旭は入校を見届け、翌々日、自分で

そのタイミングを決めたように旅立ちました。

 

今頃、旭は自由に走り回り、以前のように

手書きで音符を記している気がします。

 

そして、旭を知って下さった皆様、

応援して下さった皆様の中で、

生き続けてくれるよう感じています。

 

旭の音楽が種となり、

どこかで思わぬ芽を出してくれるかな、

と想像したりもします。

 

皆様とのご縁から生まれる、

あらゆる可能性を

信じたいと思っております。」

 

と母親の希さんが、

最愛の息子旭さんへの

思いをつづっていました。

 

心からご冥福をお祈りいたします。

 

 

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ