春日井物流サービスが炎上?現場の場所(地図)はどこ?運転手の今後は?

 

春日井物流サービスが炎上し、
トレンドキーワードの1位になって
いる理由を知って驚きました。

 

春日井物流サービスには
昔知り合いが働いていたので・・・。

 

春日井物流サービスが炎上した理由や
会社の場所(地図)はどこなのかなどを
まとめてみました。

 

騒ぎを起こしたトラック運転手は
今後どうなるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

春日井物流サービスが炎上した理由

春日井物流サービスが炎上している
理由はあるツイッターの投稿です。

 

車を運転していたtwitterの投稿主は、
踏切で一時停止をしました。

 

すると、後ろのトラックに
クラクションを鳴らされたそうです。

 

その後そのトラックにあおられ、
すぐ次の信号の交差点で停車。

 

その時、ミラー越しに後ろをみると、
トラックの運転手が赤い棒を持って
車を降りて向かってくるのを確認。

 

twitterの投稿主は、
とっさに右肘でドアのロックを掛け、
iPhoneで動画撮影を開始。

 

トラック運転手は、
車の運転席の横まで近づいてきて
「降りてこい!」とドアを開けようとする。

 

しかしロックを掛けたドアは開かず、
トラック運転手は持っていた赤い棒で
車の窓ガラスをたたきました。

 

Twitter投稿主が、「踏切ですよね!
なんでクラクション鳴らすんですか!」
と叫ぶと、またドアを開けようとする。

 

信号が青に変わったので、
トラック運転手は諦めて立ち去るも、

その時にもう一度赤い棒で
窓ガラスをたたきました。

 

このやり取りの動画を
被害者はtwitterで流すことに。

 

そこに写っていたトラックには、
「春日井物流サービス」という
会社名が書かれていました。

 

それがネットのSNSで拡散され、
春日井物流サービスが炎上する
騒ぎになっています。

 

現場の場所(地図)はどこ?

春日井物流サービスの
トラック運転手にtwitter投稿主が
クラクションを鳴らされたのは

愛知県の302号上にある
名鉄瀬戸線の踏切。

 

 

そして、トラブルになった信号の場所は、
踏切から少し走ったところにある、
茶臼前という交差点。

 

 

スポンサードリンク

春日井物流サービスのトラック運転手の今後は?

騒ぎを起こした「春日井物流サービス」
トラック運転手は今後どのような処分を
受けるのでしょうか?

 

twitterに投稿された動画では、
トラック運転手の顔がはっきりと分かり、
60歳以上の男性だと思われます。

 

被害者は警察に報告したそうですが、
注意するくらいしかできない。
と言われたそうです・・・。

 

このトラック運転手1人の行動で、
春日井物流サービスが炎上してしまい
悪い意味で有名になってしまいました。

 

おそらくトラック運転手は
もう会社にはいられなくなる
のではないでしょうか。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ