サムネ背景

華麗なる事件簿 1話の感想!織田裕二の変わったキャラクターとは?

ライター:SARI

 

 

新 日曜劇場が始まりました!

『IQ246~華麗なる事件簿~』

 

主演【織田裕二】
9年ぶりのTBS連続ドラマ主演!!

 

一風、変わった織田裕二が
見られること間違いなしです!

 

変わった織田裕二って?!と
思われる方もいるかと思いますが、

 

ドラマを見ていただけたら
そんな織田裕二さんが
見れちゃいますよ~\(^o^)/

 

【織田裕二】が演じるのは、
やんごとなき人物の末裔であり、

IQ246(超遺伝頭脳)の
叡智をそなえた法門寺 沙羅駆
(ほうもんじしゃらく)という貴族。

 

どんなストーリー展開を
するのでしょうか??

 

<スポンサードリンク>

法門寺沙羅駆(織田 裕二)とは…

やんごとなき貴族の流れを汲みながらも、
時の権力とは無関係に、代々、

有りと有らゆる学問のみを
探求してきた法門寺家。

 

その幅広い知識は連綿と法門寺家当主に
IQ246という異能をもたらし、

現89代当主・法門寺沙羅駆(織田 裕二)
へ継がれていた……。

 

暇つぶしが事件解決…?!

法門寺 沙羅駆(織田 裕二)は、

日々…

 

「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに
値する謎はないものか……。」

 

常に暇を持て余し、自らが解くに
値する“謎”を求める沙羅駆が、

 

世間にはびこる難事件を
IQ246(超遺伝頭脳)で鮮やかに解決!!

 

……していくであろう。ストーリー。

 

天才貴族:法門寺 沙羅駆(織田 裕二)が
降臨する!!

 

超豪華で多彩な顔ぶれ出演!!

◯ 法門寺 沙羅駆(織田 裕二)を
警護するために警視庁から派遣された

猪突猛進型の刑事:
和藤奏子(わとうそうこ)を演じるのは、
活躍も目覚しい人気女優の土屋 太鳳

 

事件の捜査に混ぜてもらえない
ことで怒りながら、牛丼を3杯も
食べるシーン( ˘ω˘ )

 

沙羅駆(織田 裕二)の無神経さに
腹を立てて大声を出すシーン…

 

今後も、土屋 太鳳ちゃんの
織田 裕二とのどんなシーンが
展開されていくのか楽しみですね♪

 

◯ 法門寺家に代々仕える当代の
執事:賢正には世界を舞台に活躍を
続けるディーン・フジオカ

 

年齢層の広い人気ぶりで、
沙羅駆(織田 裕二)のサポート役。

 

ディーンさんのはにかんだ
笑顔たまりません…(●´⌓`●)♡

 

終盤の事件犯人とのアクションシーンも
カッコ良すぎです!!\(^o^)/

 

深田 恭子さんと共演していた【ダメ恋】の
イメージではツンデレキャラのような…

 

あの時もイケメンぶりが
やばかったです~~(๑•﹏•๑*)♡

 

第2話以降のディーンさんも楽しみの
1つになりそうです♪٩(ˊᗜˋ*)و

 

◯ 沙羅駆(織田 裕二)が首を突っ込む
難事件の捜査を担当する捜査一課の
インテリ刑事:山田 次郎(やまだじろう)

人気バレエ団“Kバレエカンパニー”の
プリンシパルとして活躍中の宮尾 俊太郎

 

◯ 名前にコンプレックスがあり
金持ちが大嫌いな捜査一課の

刑事:今市 種子(いまいちたねこ)
元宝塚トップスターの真飛 聖

 

◯ 沙羅駆(織田 裕二)とは異母兄妹である
法門寺 瞳(ほうもんじひとみ)新川 優愛

 

◯ 森本 朋美のアシスタント
足利 尊氏(あしかがたかし)矢野 聖人

 

◯ 沙羅駆(織田 裕二)が警察の捜査へ
首をつっこまないよう奏子(土屋 太鳳)に

監視させる警視総監:
棚田 文六(たなだぶんろく)篠井 英介

 

◯ 賢正の父親であり、
育ての親:賢丈(けんじょう)寺島 進

 

◯ (織田 裕二)の推理能力に
魅了される風変わりな法医学専門医
監察医:森本朋美には中谷美紀

 

主役級の俳優たちが魅力的な
キャラクターをありがとうございます( ´͈ ᗨ `͈ )

 

他殺事件発生!犯人は…私?!

沙羅駆(織田 裕二)は、暇に耐えかねて
タクシーでこっそり家を抜け出した。

 

そこで沙羅駆(織田 裕二)は、
事件現場に偶然出くわす。

 

女性の他殺体を一目見た
沙羅駆(織田 裕二)は、

被害者の人となりや、
犯行の手口などを鮮やかに言い当てる。

 

事件を知っているかのように言い当てる
沙羅駆(織田 裕二)を疑う刑事…

 

タクシーに、
無銭乗車の罪で連行されてしまう。

 

しかし、法門寺家自体が国家的な
機密事項のため、警視総監命令で
すぐに自由の身となる。

 

機密事項って一体なんなんだ…?!

 

法門寺家の謎が深まりますね~(๑º―º๑)

 

変わり者同士

沙羅駆(織田 裕二)の変わり者
ぶりもすごいのですが…

 

変わり者が変わり者をよぶ…

 

そんなこんなで、法医学専門医
監察医: 森本 朋美(中谷 美紀)は、

運び込まれた遺体と写真を撮りたがる…!!

 

変わり者…ですよね…

監察医の他のメンバーから、自分と
全く同じ見立てをしていたのを聞いて
沙羅駆(織田 裕二)に興味を持った。

 

どんな人なんだろうと
会えることへの期待を膨らませている
朋美(中谷 美紀)であった。

 

第1の事件…

邸宅に戻ったのもとに
大金持ち:桜庭家の奥様(伊藤かずえ)
がやってきた。

 

住み込みで働いていた
寿司職人:宮島がいなくなったので
探して欲しいという依頼であった。

 

沙羅駆(織田 裕二)は、
イヤイヤながら聞き込みを始めるのだが、

 

実際に厨房で宮島が愛用していた包丁と
砥石を見つけた沙羅駆(織田 裕二)は
急に目を輝かせる。

 

こんなに大切に使っている
商売道具を置いていくなんておかしい…

 

包丁をみて…異変を感じる…

 

そして先ほどまでとは違い
嬉々として聞き込みを続ける。

 

沙羅駆(織田 裕二)は、何者かに
襲われた様子に思えるといった。

 

第2の事件…

桜庭家のディナーに
同席することになった。

 

そこで沙羅駆(織田 裕二)は、主賓の
CMプランナー早乙女(石黒 賢)と知り合う。

 

和気藹々と宴が続く中、
早乙女(石黒 賢)の携帯電話が鳴った。

 

会社に強盗が入り部下:鈴木 なつ実(広澤 草)
が殺されたというのだ。

 

失意の早乙女(石黒 賢)は
会社に戻ると出て行く…

 

しかし…沙羅駆(織田 裕二)は
なぜかその後を追いかけた…

 

<スポンサードリンク>

2つの事件は、繋がっていた?!

どちらの事件にも、
違和感を感じていた(織田 裕二)。

 

沙羅駆(織田 裕二)は、
早乙女(石黒 賢)に対して、

 

鈴木なつみさんのことをご存知ですか?

 

彼女のマンションに男が出入りした
ようなのですが、ご存じないですか?

 

私は、共犯がいると思います。

と言った(๑º―º๑)

 

早乙女(石黒 賢)は、妻には、無理ですよ。

 

2週間前に、
階段から落ちて骨折したんです。

と妻が疑われたことへ答える。

 

桜庭家の寿司職人を殺したものが、
共犯者の可能性が大きいと考えた。

 

監察に沙羅駆(織田 裕二)が行く。
花の花粉などを顕微鏡で見る。

 

わかった!!と一言。

 

花屋に行き、キクエ(加藤 貴子)へ
単刀直入に言いますと、桜庭家に
出入りする人が共犯の可能性がある。

 

花粉が靴についていた。

 

一番犯人の可能性が高いのは、

あなただ!と

 

早乙女(石黒 賢)から
キクエ(加藤 貴子)に電話が…

 

サクラバウェアのパーティーの
花を注文する。と約束する。

 

サクラバウェアのパーティー当日…

 

CMの映像を流し立ち去る
早乙女(石黒 賢)は、別室で会場の
準備をするキクエ(加藤 貴子)。

 

そこへ背後からキクエ(加藤 貴子)の
紐でクビを締めていた、早乙女(石黒 賢)。

 

CMが終わったタイミングで、
沙羅駆(織田 裕二)が入ってくる。

 

キクエに変装していた
奏子(土屋 太鳳)をカメラで撮影していた。

 

UVライトで光る水をかけられた
早乙女(石黒 賢)は、UVライトを
当てられて証拠を物証される。

 

寿司職人の殺害を
キクエ(加藤 貴子)が認め、
早乙女(石黒 賢)との共犯も認めた。

 

沙羅駆(織田 裕二)の
見事な推理で事件は解決をした。

 

Mの正体とは…

犯行に至った理由を聞くと、
早乙女(石黒 賢)は殺そうとしていた
ときに、指南してくれた人がいた…。

 

数字で13と。

 

13を沙羅駆(織田 裕二)は、
アルファベットの13番目の文字と解いた。

 

「M」の正体は、一体誰なのか?

 

今後、どうあばかれていくのかが
よめませんね……

 

第2話も楽しみにしたいですね~

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ