サムネ背景

加賀美早紀の息子?アサヒ芸能で現在を語る!代表取締役社長だった!

 

加賀美早紀さんって息子がいるのか?

 

加賀美早紀さんに息子さんなんていたかしら?昨日発売のアサヒ芸能で現在について話しているみたいだけど。

 

 

スポンサードリンク

加賀美早紀のwikiプロフィール

加賀美 早紀(かがみ さき)さんは、誕生日が1985年2月26日で年齢が31歳だよ。

 

出身地は千葉県佐倉市で、身長164cm、血液型はA型だ。

 

 

加賀美早紀の物語

プラトニック・セックス

 

加賀美早紀さんは、2001年に『プラトニック・セックス』という飯島愛さんの自伝を映画化した作品で女優デビューしたのだ。

 

オーディションには12083人も参加して、その中で1番になったのよ。

 

そして、日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞しているんだね。

 

加賀美早紀さんが出演した映画『プラトニック・セックス』は、飯島愛さんの自伝ということで、かなりの話題作だったんだが、演技経験のない新人の加賀美さんが起用された事で、さらに注目を集めていたな。

 

 

ウルトラマンと仮面ライダー

スポンサードリンク

加賀美早紀さんは、2007年に放送されたCBCのドラマ『ULTRASEVEN X』で、主人公の恋人エレア役で出演していたんだね。

 

2008年にテレビ朝日で放送された『仮面ライダーキバ』でも、 真夜(過去編クイーン) / パールシェルファンガイア役という主人公と恋仲になる役を演じていたのだ。

 

「ウルトラマンシリーズ」と「仮面ライダーシリーズ」の両方で主人公の恋人役を演じたのは、非常にめずらしいことだったのよ。

 

 

芸能界引退

加賀美早紀さんは2011年、所属していたワタナベエンターテインメントに「女優以外の表現や仕事、今だからできるさまざまな経験をしたい」と言って、7月31日付けで芸能界を引退したんだ。

 

 

モデルとして電撃復帰

加賀美早紀さんは、2013年12月7日発売の『姉ageha』1月号で、初登場でいきなり専属モデルとして電撃復帰を果たしたのよ。

 

芸能界を引退した後はバーテンダーやショップ店員など、いろいろな職業を経験したそうなのだ。

 

モデルとして芸能界に復帰する事に対して「臆病者だけど、それでも一歩踏み出す勇気が持てた今、モデルという未知の世界に飛び込んでみることにしました!」と話していたみたいだよ。

出典:http://mdpr.jp/gal/detail/1305600

 

『姉ageha』の方から加賀美さんにオファーがあったみたいよ。やっぱり魅力のある女性ですものね。

 

 

加賀美早紀の現在

 

 

代表取締役社長

加賀美早紀さんは今、『姉ageha』の専属モデルと『cenerentola』の代表取締役社長をやっているみたいだよ。

 

社長さんをやっているのか?それは凄いのだ!

 

 

アサヒ芸能で過去と現在を語る

ブログとインスタもやっていて、今日更新された記事で、昨日4月27日発売の「アサヒ芸能」に載っている事を報告していたわよ。

 

『選ばれし「永遠のマドンナ」50人に会いたい』というコーナーらしいが、表紙のタイトルがちょっとここでは言えない程強烈だったぞ。

 

加賀美早紀さんは今日のブログで、「私は今、えげつないほど幸せに暮らしていますよ」といっているので、現在はとても幸せみたいなのだ!

 

 

息子はいるのか?

ところで、加賀美早紀さんの息子の件はどうなっているのだ?

 

ちゃんと調べたよ^^結論から先に言うと、結婚もしていないし、息子さんもいないみたいだよ。

 

でも、ネットで検索すると、関連キーワードの一番最初に「息子」だ出てくるのだ。

 

そうだよね。それは加賀美早紀さん自信も不思議に思っているらしくて、ブログの記事にまでしていたよ。

 

あたしへのアクセスワードにいつも入ってる、

息子ってなんなの。

子供いるって思われてるって事??

謎。

出典:2014/08/15「アクセスワード」

 

加賀美さんご本人も謎に思っているのね。でも息子さんがいないっていう事はこれではっきりしたわね。

 

ハッキリはしたけど、スッキリはしていないのだ・・・

 

それで原因をいろいろ調べてみたんだけど、これじゃないかっていうブログの記事があったよ。

 

 

はじめちゃん、よく見つけたわねー。きっとこれが原因だわ。

 

スッキリしたのだ!これでいーのだ!

 

 

まとめ

今回は、昨日発売の「アサヒ芸能」が話題になっている、加賀美早紀さんについてまとめてみました。

 

芸能界を引退したのは知っていましたが、モデルとして復帰されていたことは知りませんでした。

 

アサヒ芸能の表紙に載っている、『加賀美早紀プラトニック・セックス「〇〇シーンも撮っていました」』というタイトルが本当にインパクトがあるので、内容がとても気になります。

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ