【続報】壁蹴り男の正体が明らかに!!記者の会社・名前とは?

ライター:SARI

松戸市で先日起きた、記者の勝手な行動による不愉快な事件。

記者の正体が明らかになりました。

記者の男は、共同通信社の記者であることが判明しました。

共同記者の名前・年齢とは?

今回の許せない共同記者の悪質な行為…どう処分されるのでしょうか?

ネットでの炎上具合は図り知れません、多くの注目されています…

処分についてはどうなるのか?

 

<スポンサードリンク>

記者の勤める【共同通信社】とは?

日本の代表的通信社で、
第二次世界大戦中活躍した同盟通信社が1945年(昭和20)10月解散した後を受けて、

1945年11月1日、新聞社の組合組織として創立されたのです。
プレス向けにニュースを配信する通信社としては、世界最大規模とも言われているそうです。

東京に本社を置く社団法人で、
日本全国に5支社、48総・支局、海外39の主要都市に総支局をもち、同社記者が常時取材にあたっているそうです。

かなりの歴史ある企業であることが分かりますね。

今回の報道で、結構なイメージダウンとなったでしょうね。

 

共同記者の男性の処分とその後は?

事件の発覚後の、防犯カメラから共同記者であることが判明したために

事件の詳細を共同通信社の対応は、
「事情を聴いた上で厳しく指導する」として、幹部と事件を起こした記者は被害者の住民宅を訪れ直接謝罪しにいったそうです…。

男性記者の処分については、
共同通信社総務局は「許されない行為であり、ご迷惑をお掛けした方に深くおわびします。本人を厳しく指導するとともに記者教育を徹底します」

というコメントを発表しましたが、詳しい処分についてはハッキリと発表されていないのが実際のところのようです。

ハッキリ処分をくだしてほしいという方も少なくないのでは?

 

<スポンサードリンク>

まとめ

今回は、防犯カメラから発覚したこの事件…

犯人の共同記者の男性は、見られていないからやってしまえ!!

といった気持ちで行ったことで、こんなにも世間を騒がすとは思いもしなかったでしょうね(-_-;)

記者という仕事は、さまざまな感情の方を相手にする仕事ではあるので大変な仕事であると思います。

けれど今回の出来事は許すことの出来ない事件ですよね。

記者の男性へしっかりと処分を考えてほしいですね。

 

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ