サムネ背景

椛島一華(かばしまいちか)にKABAちゃんが改名!男性から女性へ

 

椛島一華(かばしまいちか)という名前に、タレントのKABAちゃんが改名した事が話題になっています。

 

椛島一華に改名したKABAちゃんの本名は、椛島永次(かばしま・えいじ)だったそうです。

 

スポンサードリンク

椛島一華にKABAちゃんが改名

KABAちゃんは、2016年9月25日に放送された、フジテレビのドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」に出演。

 

2016年8月に、戸籍上の性別を男性から女性に変更し、本名も椛島永次から椛島一華に変更したことを発表していました。

 

KABAちゃんは、2016年3月にタイで性別適合手術を受けましたが、7年前の大失恋をきっかけに「女性として生きたい」という思いがより強くなったそうです。

 

KABAちゃんは、物心がついた時から男性として生まれてきたことへの違和感を持っていたようなので、ある意味長年の夢が叶った感じですかね。

 

椛島一華という名前にした理由

椛島一華(かばしまいちか)という名前は、ちょっと普通では読めませんが、一華という名前にしたのにはちゃんと理由があるそうです。

 

KABAちゃんの本名は「椛島永次(かばしまえいじ)」、ドラマや漫画にでも出てきそうなカッコイイ名前ですよね。

 

この永次という名前は、KABAちゃんが生まれた時に父親が働いていた、会社の社長さんか同僚さんが付けてくれた名前なんだそうです。

 

なので、性別適合手術をして男性から女性に性別を変えたKABAちゃんは、女性としての新しい名前を両親に付けて欲しいとお願いしたみたいです。

 

KABAちゃんの新しい名前「一華」には、「一から出直す」「ひと花咲かす」という意味が込められていて、両親がたくさん悩んで付けてくれたそうです。

 

最後に

KABAちゃんの年齢は47歳ですが、両親に新しい名前を付けて欲しいという思いに、ちょっと感動してしまいました。

 

いろいろな苦労をしてきたんだなと思うと、KABAちゃんの事を凄く応援したい気持ちになりました。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ