伊藤美誠が歓喜のガッツポーズ!ハイライト動画とコメント!

 

伊藤美誠が歓喜のガッツポーズで、リオオリンピック卓球女子の銅メダルを決めました!ハイライト動画と試合後のコメントをご紹介します。

 

スポンサードリンク

伊藤美誠選手のコメント

伊藤美誠選手の試合後のインタビューでのコメントです。

 

Q おめでとうございました!

「ありがとうございます」

 

Q やりましたねー

「はい。最後の4番ということで、前回負けている相手だったので、もう向かっていきました。

 

Q ほんとによく頑張りましたね

「そうですね。ダブルスと続けてだったんですけど、逆にこう続けてだったのがよかったのかなーと思います。」

 

Q 先輩達とつかんだこの銅メダルはいかがですか?

「そうですね。絶対に取るという、メダルを取るという目標を立てていたので、このチームにまずくめて光栄ですし、この3人でメダルを取れてすごく嬉しいです。」

 

Q 先輩達を手ぶらで返すわけにはいかないという言葉もありましたけれども、その通りになりましたね

「そうですね、あのー。自分が4番でまわってきた時に、ここで自分でしっかり決めるという思いで臨んだので、やっぱり、力が発揮できてよかったかなと思います」

 

Q シングルスの試合を見てますと、非常に落ち着いた表情に見えましたが、心の中はどうだったんですか?

「そうですね、あのー。やっぱり、自分いつも声に出さない人なので、まちょっと落ち着いてゆっくりやって、そこから、ま最後勝った時に、声出そうかなと思っていたので・・・はい。ま、そうなってよかったなと思います」

 

Q 勝った瞬間喜びが弾けましたね

「そうですね、はい。ほんとに凄く嬉しかったので、やっぱりこうみんなで掴んだメダルっていうことは、やっぱりシングルスよりも、もっともっと嬉しいメダルだったんじゃないかなと思います。」

 

Q お母さんの顔は見えましたか?

「いや、ちょっと身長ちっちゃくて見えなかったです(笑)あのー、おじいちゃん、おばあちゃんはちょっと見えたんですけど。お母さんの顔は残念ながら見えなかったです。」

 

Q ゆっくりまたお母さんと話してください

「はい、ありがとうございます」

 

Q おめでとうございました!

「ありがとうございます」

 

スポンサードリンク

伊藤美誠選手のハイライト動画

 

伊藤美誠(みわ)選手は、若干15歳ながら、勝てば銅メダルが決定するという大切な試合でも、物おじすることなく戦いました。

 

2015年3月に行われたドイツオープンでは、14歳152日で優勝を飾り、ワールドツアーの史上最年少優勝でした。

 

そして、今回のリオオリンピックでも、卓球史上最年少のオリンピックメダリストになりました!

 

リオオリンピック卓球女子団体の3位決定戦での、伊藤美誠選手のハイライト動画です。

 

【動画】第3試合 (福原愛-伊藤美誠 vs ジョウ・イーハン-ユ・モンユ)

 

【動画】第4試合 (伊藤美誠 vs F.ティエンウェイ)

 

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ