サムネ背景

ドラマ「石川五右衛門」の出演者を発表!あらすじや撮影場所は?

0734ishikawagoemon2(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

 

2016年にテレビ東京系列で放送される、市川海老蔵さん主演のドラマ「石川五右衛門」の出演者(キャスト)が発表されました!気になるあらすじや撮影場所(ロケ地)について書いていきます。

 

スポンサードリンク

市川海老蔵さん主演「石川五右衛門」

2016年にテレビ東京系列で放送される、ドラマ「石川五右衛門」は、2004年5月に十一代目「市川海老蔵」を襲名してから、初めての主演ドラマとして注目されています。

 

2003年に「市川新之助」時代に主演した、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」では、宮本武蔵役を熱演していましたが、もうあれから13年も経つんですね。

 

13年前だと、市川海老蔵さんはまだ25歳。その年は、日置明子さんとの間に当時1歳の非嫡出子がいる事が判明して、子供を認知して養育費を支払っている事を会見説明して話題になりました。

 

石川五右衛門のあらすじ

 

石川五右衛門のあらすじをご紹介します。

 

時は安土桃山、豊臣秀吉の治世―。関白となった秀吉は思うままに権勢を誇り、その家臣たちは富を独占していた。

一方、庶民の生活は困窮を極め、彼らの不満は日増しに高まっていた。庶民の心の支えとなっていたのが「白波夜左衛門」一座。その頭・夜左衛門こそ、天下の大泥棒・石川五右衛門の世を忍ぶ仮の姿だった。

夜左衛門から大泥棒へと姿を変えた石川五右衛門は、権力者・秀吉に逆らい、悪事を働く大名や大商人の屋敷に忍び込んでは金目の物を盗み、貧しい庶民たちに金品を分け与えていた。

石川五右衛門捕獲に躍起になる豊臣秀吉・・・。さらに、秀吉の側室・茶々や家臣・前田玄以、石田三成ら周囲の人物たちの思惑が交錯し・・・。

時の権力者・豊臣秀吉との対決を主軸に、秀吉の側室・茶々とのロマンスなどをケレン味たっぷりに描き、痛快で壮大な人間ドラマとして時代劇の歴史に新たな旋風を巻き起こす。

(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/ishikawa_goemon/)

 

ドラマ「石川五右衛門」は、2009年に市川海老蔵さん主演で大人気だった、新作歌舞伎「石川五右衛門」をリメイクしたものらしいです。

 

テレビ東京のゴールデンタイムに、連続時代劇が放送されるのは、2008年に松平健さんが主演した「月曜時代劇 主水之助 七番勝負」以来、8年振り。

 

原作と脚本は、歌舞伎「石川五右衛門」と同じ、樹林伸(きばやし しん)さんが担当するそうですが、樹林さんといえば、漫画『金田一少年の事件簿』、『神の雫』の原作者なので、かなり期待が持てますね!

 

個人的にこの「石川五右衛門」は本当に楽しみにしています。

 

スポンサードリンク

石川五右衛門の出演者

それでは、ドラマ「石川五右衛門」の出演者を見ていきます。

 

市川海老蔵「石川五右衛門」

0734ishikawagoemon3(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

主演の市川海老蔵(いちかわえびぞう)さんが演じる、石川五右衛門は、時の権力者・豊臣秀吉に逆らう天下の大泥棒で、庶民のヒーロー。

「白波夜左衛門」一座の座頭として普段は世を忍びながら生活し、大名や大商人の屋敷に忍び込んでは財宝を盗んで、貧しい庶民たちに金品を分け与えている。

 

國村隼「豊臣秀吉」

0734ishikawagoemon4(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

國村隼(くにむら じゅん)さんが演じる、豊臣秀吉は、織田信長の後を継いで、大きな権勢を誇る天下人になったが、一方で、徳川や北条などといった、敵対勢力が怪しい動きを見せる中、豊臣家の世継ぎ問題も抱えている。

それに加えて、大泥棒の石川五右衛門が、今日の街で騒ぎを起こして自分の足元が脅かされているので、石川五右衛門を捕まえることに躍起になってる。

 

比嘉愛未「茶々」

0734ishikawagoemon6(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

比嘉愛未(ひが まなみ)さんが演じる、茶々は、ドラマ「石川五右衛門」のヒロイン。豊臣秀吉の側室で、浅井長政とお市の方の遺児。秀吉に溺愛され、本当に何の苦労もない生活を送る中で、それを窮屈だと感じている。

北ノ庄城落城で逃亡することになり、妹たちともはぐれて、野盗に襲われ絶体絶命のピンチに・・・。それを助けてくれたのが石川五右衛門で、彼のことをずっと忘れらずに、淡い恋心を抱きながら日々暮らしている。

 

山田純大「三上の百助」

0734ishikawagoemon7(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

山田 純大(やまだ じゅんだい)さんが演じる、三上の百助は、五右衛門一家の手裏剣・撒き菱の名手で、その性格はいつも冷静沈着、喧嘩っ早い五右衛門をなだめることもある。そして、五右衛門に負けない程の、足の速さやジャンプ力を持っている。

 

前野朋哉「足柄の金蔵」

0734ishikawagoemon8(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

前野 朋哉(まえの ともや)さんが演じる、足柄の金蔵は、五右衛門一家の賭け事が好きな情報屋で、悪い事をして財産を増やしている悪党の噂を聞きつけると、その屋敷の使用人を賭博に誘い、そこで内情を聞き出す。一つ問題は、盗んだ金をちょっくら拝借してしまい、五右衛門に怒られてしまう事も。

 

高月彩良「堅田の小雀」

0734ishikawagoemon9(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

高月 彩良(たかつき さら)さんが演じる、堅田の小雀は、五右衛門一家でただ一人の女性で、見た目は美人だけど、普段から男勝りで相当勝気な性格。戦で父親と母親が亡くなってしまったので、戦を起こした武士を人一倍憎んでいる。

 

田中美里「おりつ」

0734ishikawagoemon10(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

田中 美里(たなか みさと)さんが演じる、おりつは、戦で行方不明になった夫を探し、五郎市(息子)と一緒に京に出てきて苦しい生活を余儀なくされていた。そんな時、夜左衛門に出会って助けてもらう。

 

益岡徹「奥山公継」

0734ishikawagoemon11(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

益岡 徹(ますおか とおる)さんが演じる、奥山公継は、石川五右衛門の昼の顔・白波夜左衛門が住まわせてもらっている、奥山道場の道場主。剣術の達人・兵法家で、秀吉の家臣・前田玄以に仕えている。ちなみに、五右衛門が夜左衛門だとは気が付いていない。

 

AnJu「奥山奈々」

0734ishikawagoemon12(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

AnJuさんが演じる、奥山奈々は、奥山公継の娘で、父親に代わって稽古を務めるほどの剣術の腕前を持っている。

 

丸山智己「石田三成」

0734ishikawagoemon13(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

丸山智己(まるやま ともみ)さんが演じる、石田三成は、豊臣秀吉の家臣で政権の奉行。石川五右衛門を捕まえる事を秀吉から命じられている。戦略家として知られている三成も、五右衛門一味には振り回されて、いつも五右衛門を捕まえ損ねてしまう。

 

榎木孝明「前田玄以」

0734ishikawagoemon14(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

榎木 孝明(えのき たかあき)さん演じる、前田玄以は、豊臣秀吉の家臣で政権の奉行。所司代(しょしだい)という、京都の民政を担当する職を務めている。五右衛門一味に振り回されているが、行政官としての評価は高い。

 

 

本当に豪華な出演者の方達で、今から放送が楽しみです。キャスト情報は、分かり次第随時更新していきますので、お楽しみに^^

 

石川五右衛門の撮影場所は?

ドラマ「石川五右衛門」の撮影場所は、京都市にある南禅寺が使われるようです。2016年6月14日の市川海老蔵さんのブログで、海老蔵さんがロケ地の南禅寺を散歩している様子がアップされていました。

 

 

撮影はまだ始まったばかりなので、撮影場所の新しい情報が入り次第、アップしていきます!ただ、基本的には南禅寺がメインだとは思います。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ