569-2

アニメ「異世界食堂」の放送局、原作、あらすじなどのまとめ

 

 

ライトノベル「異世界食堂」のテレビアニメの放送が、2017年の7月クールに決定しました!

 

アニメ「異世界食堂」の放送局、放送地域、放送日、放送時間などの情報はまだ明らかになっていませんが、これから公式サイトで順次公開されていくそうです。

 

スポンサードリンク

アニメ「異世界食堂」の放送局、放送地域など

アニメ「異世界食堂」の放送局、放送地域、放送日、放送時間などの情報は、公式サイトで発表され次第、順次追記していきます!

 

放送局:未定
放送地域:未定
放送日:未定
放送時間:未定

 

アニメ「異世界食堂」の放送が確定した地域には、都道府県名を黄色でマーカーしていきます。

【北海道・東北】

北海道

青森県/岩手県/宮城県
秋田県/山形県/福島県

 

【関東・甲信】

茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県
千葉県/東京都/神奈川県

山梨県/長野県

 

【北陸・中部】

新潟県/富山県/石川県/
福井県/静岡県

岐阜県/愛知県/三重県

 

【関西】

滋賀県/京都府/大阪府
兵庫県/奈良県/和歌山県

 

【中国・四国】

鳥取県/島根県/岡山県
広島県/山口県

徳島県/香川県/愛媛県/高知県

 

【九州・沖縄】

福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県
大分県/宮崎県/鹿児島県

沖縄県

 

「異世界食堂」の原作は?

 

異世界食堂』(いせかいしょくどう)は、犬塚惇平さんによる日本のライトノベルで、2013年から『小説家になろう』で連載されています。

 

そして、2015年にヒーロー文庫(主婦の友社)から書籍化されますが、『小説家になろう』版と文庫版ではキャラクターの設定が若干違うそうです。

 

さらに、2016年11月18日に発売された『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)の2016年23号から、漫画版の連載が始まり、2017年夏からのテレビアニメ放送が決定しました。

 

「異世界食堂」のあらすじ

「異世界食堂」は、ファンタジーノベルで、物語の舞台となる食堂「洋食のねこや」は、週に1回の”特別営業”の土曜日だけ「ある世界」とつながります。

 

そして、その特別な日には、生まれや文化、種族などバラバラな「向こうの世界」のお客さんたちが、異世界のいろいろな場所に現れる扉を通してやってきます。

 

異世界の人達から「異世界食堂」といつしか呼ばれるようになり、「洋食のねこや」で生まれる人々と店主、そして料理との一期一会を描く、心温まる出会いのストーリーが繰り広げられます。

 

スポンサードリンク

「異世界食堂」の主な登場人物

【店員・関係者】

<店主>

洋食屋「ねこや」の店主で、先代夫婦の孫に当たり、先代の死去により店を受け継ぐ。中華料理屋での修行経験があり、洋食だけでなく、和食や中華料理などほとんどの料理が作れる腕前の持ち主。

<アレッタ>

「ねこや」でウェイトレスをしている魔族の少女で、頭の両脇に小さな角が2本生えている。たまたま見つけた食堂の扉に飛び込み、店の中で寝込んでしまったのがきっかけで、ウェイトレスとして働くようになる。

<『黒』>

異世界にいる6柱の神のうちの1柱で『死を帯びた闇の力』を持っている。黒いドラゴンが本来の姿だが、自由にその姿を変えられる力をもっている。

<山方大樹(やまがた だいき)>

「ねこや」の先代の店主で、大連市で洋食屋を営む夫婦の下に生まれ、家出した後、太平洋戦争終戦まで上海市で洋食のシェフを務めていたという経歴の持ち主。

<ヨミ / 山方暦(やまがた こよみ)>

山方大樹の妻で、元々は異世界における勇者の1人だったが、邪神との最後の戦いにおいて、時空の狭間を通って終戦直後の日本に飛ばされ、そこで大樹と知り合い数年後に結婚。

<山方早希(やまがた さき)>

店主の兄の娘(姪)で年齢は20歳。「ねこや」の後継ぎ候補で、今はウェイトレスとして働き、アレッタと仲良し。土曜日の特別営業を知っている数少ない人物。

<店長>

ねこやビルの1階にあるケーキショップ「フライングパピー」の店長で、「ねこや」の店主の幼馴染。

<マスター>

ねこやビルの2階にあるバー「レオンハート」のマスターで、全国を飛び回っていた元サラリーマンだったが、早期希望退職後にバーを開店。

 

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。Facebookページにもいいねして頂けると嬉しいです♪




サブコンテンツ

このページの先頭へ