サムネ背景

IQ246の犯人Mの正体は一体だれ?最終回の予想(ネタバレ)について

ライター:SARI

 

 

いよいよ最終回に近づいている
織田裕二さん主演のドラマ「IQ246」★☆

 

中谷美紀さんが犯人Mとだった!!
そういう結末と思っていたのですが…

 

中谷美紀さん演じる犯人Mとして、
牢獄に入ることとなったのですが

 

まさかの自らの命を・・・

 

その後…再び犯人「M」が動き出しました。
犯人Mの正体とはいったいだれなのか?

 

IQ246の最終回の結末を
予想(ネタバレ)していきます!

 

<スポンサードリンク>

IQ246(あらすじ)

原作がないドラマIQ246

 

そんなドラマのあらすじを簡単に!!

 

主人公:法門寺沙羅駆
(ほうもんじしゃらく/織田裕二)は

 

名家・法門寺家の89代当主。

 

法門寺家は、
代々あらゆる学問を研究し続けている。

 

法門寺家は、
代々その長男は優れた知能をもち、
沙羅駆のIQは246という超天才☆★

 

しかし…

 

頭が良すぎるためか暇を持て余し、

 

口癖は「あ~暇だ暇だ」と過ごす日々…。

 

刺激を求める沙羅駆は、
事件が起こると首を突っ込み…

 

殺人事件の現場さえも
暇をつぶしとしていたのでした…。

 

執事の賢正(ディーンフジオカ)

 

そして警視庁のからきている、
警護役の刑事:和藤奏子(土屋太鳳)などを

 

巻き込みながら事件に立ち向かう・・・

 

というより・・・

 

首を突っ込んでいく。(笑)

 

しかし沙羅駆は、
難事件を次々と解決していくのでした。

IQ246最終回予想(ネタバレ)

ミステリードラマIQ246の最終回、
予想(ネタバレ)についてズバリ!!!

 

予想(ネタバレ)していきたいと思います。

 

私が犯人Mと予想(ネタバレ)するのは、

 

織田裕二さん演じる沙羅駆のことを、
または、法門寺家に対して恨みを
持つものが沙羅駆を陥れるために…

 

挑戦しているような…

 

事件の起こるのが、
タイミングや導きなどが

 

沙羅駆に対して
向いているように感じました…(´・ω・`)

 

よって…

 

犯人Mの正体は、

 

○ 沙羅駆のことを、
身近で見ることの出来る。

 

○ 古くより法門寺家より、
かかわりの深い人間であること。

 

○ 沙羅駆からの信頼が厚く、
警戒心を持たれない人物である。

 

そのことから、
今回の犯人Mの正体は・・・

 

執事である、ディーン・フジオカである!!

 

と予想します!!!(=゚ω゚)ノ

まとめ

織田裕二さん演じる、沙羅駆は、
シャーロックホームズからきているなど

さまざまな噂が飛び交っていた、
ドラマ「IQ246」でありましたが…

中谷美紀の少し…イヤ!!だいぶ…
ぶっ飛んだキャラクターが本当に、

面白いドラマでしたよね!!

織田裕二さんのいままでのドラマとは、
違った雰囲気のIQ246と恐ろしいような…

クセの強い人物を演じたのは、
とても難しい役だったのではないかと

ドラマを見るたびに感じていました…

最終回にはなりますが、
ぜひ見直したいと思います☆

ディーンさんの爽やかな笑顔にも
毎回癒されていましたね~(*´з`)♡

IQ246最高です\(^o^)/

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ