サムネ背景

作新学院の投球姿が大谷翔平と似てる?今井達也のピッチング動画!

 

作新学院の今井達也投手の投球姿が日本ハムファイターズの大谷翔平投手と似ていると話題になっています。今井達也投手のピッチング動画を紹介しています。

 

スポンサードリンク

作新学院の投球姿

作新学院の今井達也(いまいたつや)投手は、栃木県出身で、鹿沼西中学を経て作新学院高校に入学。

 

身長は180cmで体重は72kg。夏の甲子園2016初戦の尽誠学園戦では、151km/hを計測し自己最速記録を2キロ更新しました。

 

対戦した尽誠学園の選手が、「打席に入る前から打てる気がしなかった」「150キロを超えるとうてないだろう」と弱音を吐くほど、今井達也投手の投球は別次元だったようです。

 

今井達也投手は、その尽誠学園戦で、13奪三振の完封で3-0の勝利をおさめています。

 

日本ハムファイターズの大谷翔平投手に似ていると言われている、作新学院の今井達也投手のピッチング動画はこちらです。

 

【動画】作新学院・今井達也の投球姿

 

スポンサードリンク

 

自己最速をさらに更新!

今井達也投手は、2016年8月17日に行われた、3回戦の花咲徳栄戦で、初回にいきなり152キロをマークし、自己最速を1キロ更新しました。

 

1回表ワンアウトランナー無しの場面で、2番打者に対する4球目、外角低めに外れたボールが152キロを計測。

 

夏の甲子園2016では、2回戦の創志学園vs盛岡大付戦で、創志学園の高田萌生投手も152キロをマークしています。

 

作新学院vs花咲徳栄では、今井達也投手と高橋昂也投手の投げ合いが期待されていましたが、花咲徳栄の高橋昂也投手は途中からの出場でした。

 

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ