古川勝(ふるかわまさる)の息子は?高校や大学、経歴などのwiki!

 

古川勝(ふるかわまさる)さんの息子についてや、高校や大学、経歴などのwikiプロフィールをまとめました。

 

スポンサードリンク

古川勝さんのプロフィール

古川勝(ふるかわまさる)さんの生年月日は1936年1月6日で、1993年11月21日に肺がんのため、57歳という若さでお亡くなりになられました。

 

息子さんで長男の古川靖洋さんは、関西学院大学総合政策学部で教授をされているそうです。

 

和歌山県橋本町(現在は橋本市)に生まれた古川勝さんは、水泳選手として活躍し「人間ノーチラス」という異名があったそうです。

 

古川勝さんは、1956年に開催されたメルボルンオリンピックに出場し、男子200m平泳ぎで金メダルを獲得しています。

 

1936年に開催されたベルリンオリンピックの女子200m平泳ぎで金メダルを獲得した前畑 秀子(まえはた ひでこ)さんとは、同じ町内の出身だということです。

 

スポンサードリンク

古川勝さんの経歴や高校、大学など

古川勝さんが通っていた高校は、和歌山県立橋本高等学校で、高校に在学していた頃から水泳選手として頭角を現し始めました。

 

そして、前畑秀子さんにすすめられて平泳ぎに専念するようになり、1952年に開催された「全日本選手権」では、同じ年に開催された「ヘルシンキオリンピック」で銀メダルに輝いた選手の記録を上回る成績を記録。

 

大学は日本大学に進学し水泳部に所属。

 

ベルリンオリンピック男子200m平泳ぎの金メダリスト、葉室 鐵夫(はむろ てつお)さんから、潜水泳法を身につけるようアドバイスを受けます。

 

潜水泳法(せんすいえいほう)とは、もぐったままで水中を進む泳ぎ方ですが、現在はスタート、ターン後のひと掻きひと蹴りと、ゴール前のひと掻きを除いて、平泳ぎでの潜水が禁止されています。

 

古川勝さんは肺活量が6000cc以上もあり、標準の選手は20m程度の潜水泳法だったのに対し、古川さんの潜水は45mにも及んだそうです。

 

オリンピックで金メダル!

古川勝さんは、1956年に開催されたメルボルンオリンピックの200m平泳ぎに出場し、得意の潜水泳法の威力を発揮して見事金メダルを獲得。

 

銀メダルは同じ日本代表の吉村昌弘(よしむらまさひろ)で、日本勢で金、銀のワンツーフィニッシュを飾りました。

 

前述したとおり、この大会後に国際水泳連盟がルールを改正したので、古川勝さんは潜水泳法で金メダルを獲得した最後のスイマーになりました。

 

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ