サムネ背景

藤井聡太が最年少プロ棋士!小学校や中学校、歴代の中学生プロは誰?

 

藤井聡太くんが最年少プロ棋士に決定したことが話題になっています。中学生にしてプロ棋士になった藤井聡太くんの小学校や中学校、歴代の中学生プロ棋士についてまとめました。

 

スポンサードリンク

藤井聡太が最年少プロ棋士

藤井聡太くんが最年少プロ棋士を決めたのは、2016年9月3日に東京都渋谷区の将棋会館で行われた、将棋のプロ棋士養成機関・奨励会三段リーグの最終日。

 

三段の藤井聡太くんが13勝5敗の成績で1位になり、10月1日付で四段に昇段し、14歳2か月という史上最年少でプロ入りを決めました。

 

今まで最年少プロ棋士の記録を持っていたのは、現在76歳の現役最年長棋士・加藤一二三九段で、14歳7か月という記録を62年ぶりに塗り替えたそうです。

 

中学生でプロ棋士になったのは、加藤一二三九段・谷川浩司九段・羽生善治三冠・渡辺明竜王と歴代でも4人だけ。

 

しかも、全員が超一流のプロ棋士なので、史上5人目の中学生棋士となった藤井聡太くんもかなり期待されているようです。

 

藤井聡太の中学校や小学校は?

藤井聡太くんは、愛知県瀬戸市在住で、5歳の時におばあちゃんから将棋を教えてもらったのがきっかけで、将棋に夢中になったそうです。

 

藤井聡太くんが通っていた小学校は、愛知県瀬戸市立效範小学校で、4年生だった2012年9月に杉本昌隆七段門下で奨励会に入会。

 

6級から順調に昇級、昇段を重ね、2015年10月18日に佐々木勇気五段の13歳8カ月を塗り替え、13歳2カ月という史上最年少で3段に昇段。

 

中学校は名古屋大教育学部付属中学に進み、現在2年生。瀬戸市の自宅から対局のたびに大阪に通っているそうです。

 

中学校ではクラブ活動には入らずに、普段はインターネット将棋や棋譜並べで勉強しているようです。

 

まとめ

今回は、最年少プロ棋士の記録を塗り替え、中学2年生でプロ棋士になった藤井聡太くんの話題についてでした。

 

今までの最年少記録を持っていた棋士が、76歳で現役の最年長プロ棋士・加藤一二三九段で、62年振りに記録を塗り替えたというのがまた凄いです。

 

もしかしたら、加藤九段は現役の間に自分の記録が塗り替えられるとは思っていなかったかもしれませんね。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ