サムネ背景

法華津寛がリオ五輪断念!相棒ウィスパーの後継馬、ザズーが体調崩す

–@‰Ø’Ê°/Hiroshi Hoketsu (JPN), August 14, 2008 - Equestrian : during the Beijing 2008  Summer Olympic Games Dressage Competition at Shatin in Hong Kong, China.  (Photo by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT) [1090]–(画像:http://matome.naver.jp/odai/)

法華津寛さんがリオ五輪断念したみたいだね。

 

法華津寛さんがリオ五輪断念したのは、相棒だったウィスパーに変わって、去年2015年から一緒に頑張ってきた、ザズー号が体調を崩して競技会に参加できなかったからだそうだ。

 

【話題記事】アリサ・マニョノクのインスタがかわいい!ロシア女子バレー&モデル!

 

スポンサードリンク

法華津寛さんのwikiプロフィール

法華津寛(ほけつ ひろし)さんは、1941年3月28日生まれの75歳で、東京都出身、アバロン・ヒルサイドファームに所属している馬術選手であり実業家なんだよ。

 

法華津寛さんの出身高校は私立武蔵高等学校で、慶應義塾大学経済学部に進み卒業、それから日本石油に入社している。

 

 

馬術で東京オリンピック出場

法華さんが馬術を始めたきっかけは、12歳の時にサマーキャンプで馬に乗ったのがきっかけみたいだよ。

 

一部の特権階級だけが入会を許されていたという「東京乗馬倶楽部」に入りたくて、元外交官で極洋捕鯨の社長だったお父さんにお願いして入会させてもらったそうよ。

 

学生の時からいろいろな大会に出ていて、1964年に開催された東京オリンピックにも出場、障害飛越で個人40位、団体12位の記録を残したみたいだよ。

 

【話題記事】百田夏菜子の朝ドラ秘話!モモクロに何が?『伝七捕物帳』主題歌決定!

 

スポンサードリンク

留学そして社長へ

法華さんは、東京オリンピックが終わった後、日本石油を辞め、デューク大学院へ留学、経済学専攻修士課程を修了している。

 

そして、外資系製薬会社エフ・ホフマン・ラ・ロシュ、ジョンソン・エンド・ジョンソンを経て、1981年から傘下のオーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスで勤務していたみたいだよ。

 

法華さんはその会社で社長まで登りつめたらしいんだけど、現役時代は毎朝5時に起きて馬に乗って、それから出社していたそうよ。

 

44年振りのオリンピック

法華さんは、2008年に開催された北京オリンピックに、ウィスパー号とペアを組んで、馬場馬術団体と個人に出場、ソウルオリンピックに馬場馬術で出場した井上喜久子さんを上回る67歳という史上最高齢選手で話題になっていたね。

 

オリンピックに44年ぶりに出場したのも史上最年長記録だし、北京オリンピック出場者全員の中で一番年齢が高かった。

 

競技の結果は、馬場馬術個人では34位で1次予選落ち、団体で9位に入ったよ。

 

【話題記事】遠藤久美子のデート報道!エンクミの現在や年齢、高校は?マックCM

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ