サムネ背景

弘中惇一郎弁護士と弘中絵里の関係は嫁(奥さん)?娘?

 

高畑裕大(たかはたゆうた)が不起訴になり、2016年9月9日に釈放されましたが、一緒にいた美人弁護士の渥美陽子(あつみようこ)さんが話題になっています。

 

高畑裕大の弁護を担当しているのは、法律事務所ヒロナカの渥美陽子弁護士と小佐々奨(こさかしょう)弁護士の2人。

 

その2人が在籍している法律事務所ヒロナカを率いているのが、「無罪請負人」の異名をもっている弘中惇一郎(ひろなかじゅんいちろう)弁護士です。

 

スポンサードリンク

弘中絵里弁護士との関係は?

弘中弁護士が代表を務めている「法律事務所ヒロナカ」には、他に5人の弁護士が在籍しているようです。

 

・弘中絵里(ひろなか えり)

・大木勇(おおき いさむ)

・品川潤(しながわ じゅん)

・渥美陽子(あつみ ようこ)

・小佐々奨(こささ しょう)

 

この中で、渥美陽子弁護士と小佐々奨弁護士が、高畑裕大の弁護を担当していますが、小佐々弁護士は2015年に弁護士登録したばかりの新人さんみたいです。

 

美人弁護士で話題になっている渥美陽子さんについてはこちらの記事で書いています。

渥美陽子が高畑裕太の隣にいた美人弁護士!年齢や高校、大学、経歴は?

 

5人の弁護士さんの中で、弘中絵里さんという弘中惇一郎さんと同じ名字があり、2004年に2人で「法律事務所ヒロナカ」を開設しているみたいなので、どういう関係なのかが気になりちょっと調べてみました。

 

最初、弘中絵里弁護士は奥さんなのかな?と思っていましたが、調べてみると弘中弁護士の娘さんみたいです。

 

弘中絵里さんの学歴は、

1991年 私立桜蔭高等学校卒業
1996年 東京大学法学部卒業
1998年 最高裁判所司法研修所修了(50期)

父親と同じ東京大学法学部を卒業しているようです。

 

経歴は、1998年に弁護士登録し、遠藤・萬場総合法律事務所(現フェアネス法律事務所)に入所。その後、2004年に父親と法律事務所ヒロナカを開設。

 

弘中絵里さんは20年前に大学を卒業しているので、年齢は42歳くらいかなと思います。

 

弘中弁護士の学歴や経歴

弘中惇一郎弁護士は1945年10月16日に山口県で生まれ、現在の年齢は70歳。

 

小さい時に東京代々木へ移り、幼稚園と小学校は成城学園に通っていましたが、小学校6年生の夏に父親の転勤で広島に引っ越し、家を建てたそうです。

 

そして、中学校と高校は、広島県広島市中区南千田西町に所在する、修道中学校・修道高等学校に進学。

 

大学は東京大学法学部に入学し、1968年に卒業。

 

弘中弁護士は、ロス疑惑の銃撃事件で三浦和義氏の無罪、薬害エイズ事件で安部英氏の一審無罪、障害者郵便制度悪用事件で村木厚子氏の無罪など、数多くの無罪を勝ち取り「無罪請負人」の異名を持っています。

 

スポンサードリンク

弁護人・代理人を務めた主な有名人

「無罪請負人」の異名をもつ弘中惇一郎弁護士が、弁護人や代理人を務めた主な有名人・著名人を一覧にしました。

 

・安部英
・加勢大周
・加藤紘一
・花田勝
・叶姉妹
・三浦和義
・守屋武昌
・小沢一郎
・川崎麻世
・村上正邦
・村木厚子
・佐村河内守
・中森明菜
・中西準子
・天羽優子
・武井保雄
・堀江貴文
・麻木久仁子
・野村沙知代
・矢野絢也
・鈴木宗男
・東国原英夫
・長嶋一茂
・木村剛
・鳥越俊太郎
・高畑裕太

 

東京都知事選中に女性スキャンダルが報じられ、鳥越俊太郎さんが週刊誌の編集人に対して、名誉毀損と公職選挙法違反の疑いで、東京地検に告訴状を提出したというニュースはまだ記憶に新しいですが、その代理人が弘中弁護士だったみたいです。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ