サムネ背景

早川史哉(はやかわふみや)の身長や体重は?経歴や成績、動画のwiki

 

早川史哉(はやかわふみや)選手の身長や体重、経歴や成績などのwikiプロフィールや動画を調べてみました。

 

早川史哉選手は、J1アルビレックス新潟に所属するサッカー選手で、2016年6月13日に急性白血病と診断されたことが発表された選手です。

 

スポンサードリンク

早川史哉選手のプロフィール

生年月日と年齢

早川 史哉(はやかわ ふみや)選手の生年月日は1994年1月12日で、年齢は22歳です。

 

出身地

出身地は新潟県新潟市で、新潟市出身の現役サッカー選手は、平松宗(アルビレックス新潟)、相澤貴志(徳島ヴォルティス)、野本安啓(元ファジアーノ岡山)有田光希(京都サンガF.C.)がいます。

 

身長・体重

早川史哉選手の身長は170cm、体重は70kg。

 

早川史哉選手の経歴

早川史哉選手は、小針レオレオサッカー少年団に所属していて、2006年~2008年まで、アルビレックス新潟のジュニアユースでした。

 

そして、開志学園高校の時、2009年~2011年までアルビレックス新潟ユースで、2011年にはアルビレックス新潟に2軍登録されています。

 

大学は筑波大学に進み、2012年~2015年に蹴球部で活躍して、大学時代はキャプテンも務めていました。

 

2015年、アルビレックス新潟の特別指定選手になり、2016年からアルビレックス新潟への加入が発表されました。

 

入団コメント

早川史哉選手は、アルビレックス新潟に入団した時、このようなコメントを発表していました。

 

ジュニアユース、ユースと自分を育ててくれた大好きなクラブでプロサッカー選手としてプレーするチャンスを与えていただき大変嬉しく思います。今まで自分を支えてくれた家族、指導者、チームメイトをはじめとする全ての方々に感謝しています。これからも感謝の気持ちとひたむきさを忘れず日々精進していきます。 サポーターの皆さまの熱くパワフルな応援の中で1日も早く活躍し、アルビレックス新潟の力になれるよう頑張ります。ファン、サポーターの皆さま応援よろしくお願いします。(出典:http://www.albirex.co.jp/news/club/46221)

 

早川史哉選手は、2016年2月27日のJ1開幕戦の対湘南ベルマーレ戦に先発フル出場デビューして、3試合連続でフル出場しています。

 

スポンサードリンク

急性白血病

早川選手は、4月24日の明治安田生命J1第1ステージ第8節の名古屋戦の後、リンパ節に腫れがあったため、次の日25日に新潟市内の病院で診察を受けたそうです。

 

そして、精密検査の結果、急性白血病と診断され、現在は「病院で寛解に向けた治療」を開始したそうです。

 

早川選手は、クラブチームを通して、このようなコメントを発表しています。

 

「いつも応援してくださりありがとうございます。サポーターの皆さんから受ける応援は幼い頃から夢見ていたもの以上であり、いつも自信や力を与えてくれました。だからこそもう一度、みなさんに元気な姿をお見せできるように病気と闘います。厳しい闘病生活になると思いますが、病気と闘う姿勢や復帰を目指す歩み方を通じて、同じ病気や様々な病気と闘っている人、多くの人に勇気や希望を与えることができればと感じています。華やかじゃないけど自分らしく地道にコツコツと。もう一度大好きなクラブ、アルビレックス新潟に戻ってこられるように頑張ります!」(出典:アルビレックス新潟 公式サイト)

 

まとめ

早川史哉選手は、2011年のユース時代に、U-17ワールドカップメキシコ大会に出場して、5試合で3得点を挙げるほどの選手。

 

開幕から3試合全てにフル出場して、本当にアルビレックス新潟期待の選手だという事が良く分かります。

 

プロに入ってさあこれから!というときに急性白血病と診断されてしまい、早川選手の悔しさや辛さは計り知れませんが、本人が「もう一度大好きなクラブ、アルビレックス新潟に戻ってこられるように頑張ります!」とコメントしているので、病気を克服して、また元気な姿で戻ってきて欲しいです。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ