サムネ背景

オニール八菜のローザンヌ国際での動画!wikiプロフィールや母親は?

0935hana01(画像:http://b.hatena.ne.jp/entry/259652654/comment/tomoppa)

 

オニール八菜がローザンヌ国際バレエコンクールで優勝した時の動画があったよ。

 

オニール八菜(はな)さんといえば、世界的に権威のあるロシアのバレエ賞「ブノア賞」の最優秀ダンサー賞に選ばれて話題になっている女性ね。

 

【関連記事】アリサ・マニョノクのインスタがかわいい!ロシア女子バレー&モデル!

 

スポンサードリンク

オニール八菜のwikiプロフィール

オニール八菜(Hanna O’Neill)さんは本名で、東京世田谷区生まれの23歳で、身長172cm、父親がニュージーランド、母親が日本人のハーフ女性だよ。

 

オニール八菜の父親は、ニュージーランドのラグビー選手で、母親が日本舞踊の名手らしいわよ。

 

オニールさんは、3歳でバレエを始めて、8歳の時にお父さんの国ニュージーランドに移住したみたいだよ。

 

そして、オーストラリアのバレエ学校に15歳の時に入学して、18歳で卒業する時にはなんと首席だったそうだ。

 

オニールさんは、2009年のローザンヌ国際バレエコンクールやユース・アメリカ・グランプリで1位を受賞しているよ。

 

【2009年 ローザンヌ国際バレエコンクール1位の動画】

 

オニールさんは、途中でシューズのリボンが解けてしまうというトラブルにも動じず、冷静に対応しているところがすごいよね。

 

 

そして、パリのオペラ座オーディションを受けて、111人が応募した中から、合格者の3人に選ばれてシーズン契約を結んで、2013年に正式団員になっているわ。

 

2014年にブルガリアで開かれた、バルナ国際バレエコンクールで銀賞を受けた。ちなみに、銀賞はその年の最高賞だ。

 

バレエ団には階級があって、下から「カドリーユ」「コリフェ」「スジェ」「ブルミエ」「エトワール」と上がっていくみたいだよ。

 

オニールさんは、1年に1回ある昇進試験に確実に合格して、今は上から2番目のプルミエール・ダンスーズとして、数々の主演にも抜擢されているのよ。

 

この調子でいけば、最高位のエトワールに昇進するのは間違いなさそうだね。

 

【関連記事】土居美咲のプロフィール!中学や高校は?かわいいツアー初優勝動画!

 

スポンサードリンク

オニール八菜のインタビュー動画

オニール八菜さんが、レッグ・ウォーマーとニットについてインタビューを受けている動画があったよ。

 

 

さすが8歳まで日本にいただけあって、日本語も上手ね。それにしても、綺麗だしスタイルも抜群で、本当に魅力的な女性だわ。

 

ブノワ賞を受賞

2016年5月17日、バレエ界のアカデミー賞と言われているブノワ賞の受賞者がモスクワで発表されて、パリ・オペラ座バレエ団に所属しているオニール八菜さんが、女性ダンサー部門で受賞したのよ。

 

オニールさんが評価されたのは、ジプシーの娘役で主演した「パキータ」での演技だったみたいだよ。

 

ブノワ賞は1992年から始まり、各国のバレエ団で活躍するプロダンサーや振付家から毎年選ばれている。

 

審査委員長を務めているのが、ユーリー・グリゴロービチさんという世界的な振付家みたいだよ。

 

オニール八菜さんは日本人として2人目のブノワ賞受賞者、もう一人は2014年に受賞した木田真理子さんという女性で、スウェーデン王立バレエ団に所属しているらしいわ。

 

オニールさんは受賞について「びっくりしている状態。これからもこつこつ頑張っていきたい」と喜びを語っていたみたいだよ。

 

【関連記事】キム・ヨンギョンのインスタがかわいい!逸材のwikiや最高到達点は?

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ