サムネ背景

濱松恵と渋谷すばる?カーレンジャーの画像が若い!歴史で踊る人は誰?

 

濱松恵さんと渋谷すばるさんってなんか共通点があるの?今、濱松恵さんが2012年に写真週刊誌「FLASH」で激写された狩野英孝さんとの当時の関係を暴露した事が話題になってたから、ちょっと調べてみたんだけど、「濱松恵」で検索するとジャニーズの「渋谷すばる」さんの名前が出てきたから気になっちゃって。

 

ほんとね、「濱松恵」って検索すると「渋谷すばる」さんの名前がでてくるわね、ママも気になるからwikiやブログでプロフィールを調べましょう!

 

【話題記事】遠藤久美子のデート報道!エンクミの現在や年齢、高校は?マックCM

 

スポンサードリンク

 

濱松恵のwiki風プロフィール

まず濱松恵(はままつ めぐみ)さんの簡単なプロフィールだけど、誕生日は1983年1月23日で、年齢は33歳だよ。

 

 

モデルや女優をやっていて、血液型A型、身長160cm、スリーサイズ:B89・W60・H83cm、靴のサイズが24cmだ。

 

濱松恵の経歴

2歳の頃から「クリエートジャパンエージェンシー」というモデルエージェンシーの事務所に所属していて、チャイドルブームの時に活動していたよ。

 

モデルや子役タレントとして14年活動してから、堀越高等学校に入学して、それと同時にミナクルカンパニーへ移籍したのだ。

 

1996年にテレビ朝日で放送された「激走戦隊カーレンジャー」の初代ラジェッタ・ホワイトレーサー役で出演していたわね。その時の画像があったけど、20年前だから13歳の時ね。とってもかわいいわよ^^

 

濱松咲という芸名で、1999年に「フジテレビビジュアルクイーン」に選出されたんだよ。 フジテレビビジュアルクイーンには内田有紀さん、稲森いずみさん、華原朋美さんも選出されていて、若手の登竜門的位置付けだったみたい。

 

でも、ビデオを発売した1か月後くらいに、急に見なくなってしまったわ。

 

【話題記事】中田敦彦のご意見番化に対しての評判は?ベッキー、舛添知事など持論!

 

ブログを再開

スポンサードリンク

その後、また「クリエートジャパンエージェンシー」に戻ってタレント活動を再開していたけど、2010年に事務所を退社しているよ。

 

2011年1月10日に『復活しました☆』というタイトルで、ブログを再開しているのだ。「去年は本当に色々な事がありすぎて、近況報告どころじゃありませんでしたけど、今年は落ち着いたスタートが切れそうです」とブログに書いてあるので、きっと大変だったのだ。

 

そして、2015年3月2日『皆様にご報告』というタイトルのブログで、「この度私、濱松恵は所属事務所を正式に移籍しました事をご報告致します。5年間お世話になった、スターライズより、株式会社アルファワン・プランテーションに移籍しました(^-^)」と事務所の移籍を報告しているわ。

 

そのブログでは「今年で芸歴もちょうど30年、小さい頃からお世話になった各事務所の皆さんはもちろん、スターライズの社長とマネージャーS氏には本当に感謝しています。」と書いていたよ。芸歴30周年って凄いね。

 

今は「株式会社サムライム」という事務所に所属しているらしいが、その事を2016年2月8日『皆さんへ』というタイトルのブログで報告しているぞ。

「さて、年末から年始この2ヶ月の間は本当に色々な事があり更新も出来ずにいましたが、本日2月8日より所属事務所を株式会社サムライムに正式に移籍しました事をご報告させて頂きます。」

いろいろあったみたいだが、心機一転頑張って欲しいな。

 

濱松 恵 wild child

動画はこちらからご覧になれます

これは、濱松恵さんのブログにあった動画だけど、やっぱりとても綺麗な人だわ。

 

 

濱松恵と渋谷すばる

濱松恵さんの関連キーワードで、渋谷すばるさんが出てくるのは、付き合っているという噂があったからみたいね。堀越高校出身だからかも知れないわね。

 

他にも、川崎麻世さんやアンジャッシュ渡部さんなんかとも噂になったみたいなのだ。

 

昨日の『今日でした』っていうタイトルのブログで、狩野英孝さんの事についても書いてあったよ。

「まぁ狩野さんって、はっちゃけた部分もあるけど物凄い真面目で親思いで、全く悪い人じゃないって事を言いたかったんだよね。少なくとも私が最近までデートしてた何か歴史で踊る人と比べたら何百倍も良い人だし真面目だよ(笑)」

最近までデートしてたなんか歴史で踊る人って誰だろう?凄く気になる(^-^;

 

【話題記事】百田夏菜子の朝ドラ秘話!モモクロに何が?『伝七捕物帳』主題歌決定!

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ