サムネ背景

羽賀龍之介の父親や母親の家族や彼女は?経歴や小学校、中学のwiki!

 

羽賀龍之介(はがりゅうのすけ)の父親や母親、兄の家族や彼女など。経歴や小学校、中学校などのwikiプロフィールをまとめました。

 

スポンサードリンク

羽賀龍之介のプロフィール

羽賀龍之介(はがりゅうのすけ)選手の生年月日は、1991年4月28日。現在の年齢は25歳です。

 

宮崎県延岡市出身の旭化成に所属している柔道選手で、階級は100kg級、身長186cm、組手は左組み、得意技は内股。

 

羽賀龍之介の家族や彼女は?

羽賀龍之介選手の家族についてですが、父親の羽賀善夫さんは講道館杯などで優勝経験がある元柔道選手。

 

母親は元競泳選手で、国体やインターハイでも活躍していたそうです。

 

そして2歳年上の兄・羽賀善之助と5歳の時に柔道を始めることになります。

 

羽賀龍之介選手の彼女についても調べてみましたが、公開されている情報はありませんでした。

 

羽賀龍之介の学歴や経歴

羽賀龍之介選手は小さい時に宮崎県延岡市から埼玉県に引っ越します。

 

そして、5歳の時に兄・善之助さんと一緒に柔道を始め、小学校3年生の時に横浜市に引っ越してから、朝飛道場で本格的に柔道を始めます。

 

「全国少年柔道大会」では斉藤分小学校6年生の時に団体戦で3位。六角橋中学校3年生の時には、「全国中学校柔道大会」90kg級で3位になりました。

 

高校は東海大相模高校に進学し、1年生の時に出場した「金鷲旗」では、20人抜きという史上初めての快挙を達成します。

 

そして、3年生の時に出場した「インターハイ」では、100kg級をオール1本勝ちで優勝。

 

団体戦では2年生と3年生の時に、「全国高校選手権」「金鷲旗」「インターハイ」優勝という、高校3冠を2年連続で達成しました。

 

スポンサードリンク

羽賀龍之介の大学時代

大学は東海大学に進学し、全日本ジュニアで優勝。「世界ジュニア」でも優勝し、11月に行われた「講道館杯」で本格的にシニア戦にデビューし、見事優勝を飾りました。

 

この大会は、父親の羽賀善夫さんが1987年に95kg級で優勝しているので、親子で講道館杯優勝という快挙を達成しています。

 

2011年には、8月の「ユニバーシアード」、11月の「講道館杯」で優勝するも、怪我をしてしまったこともあり、2012年に行われたロンドンオリンピックの代表にはなれませんでした。

 

2013年12月からは、1か月間モンゴルに単身修行に行き、自分がどれだけ環境に恵まれて練習をしていたかを実感できたそうです。

 

リオオリンピックへ

東海大学を卒業後、2014年4月からは旭化成に所属。2015年2月に行われた「ヨーロッパオープン・ローマ」で優勝しました。

 

2015年8月に行われた「世界選手権」で優勝し、「これで、やっとリオ五輪で金メダルを取りますと言える」と試合後にコメント。

 

12月に行われた「グランドスラム・東京」では、グランドスラム大会での初優勝を飾り、2016年3月にはスケートの金メダリスト・清水宏保さんの指導で、下半身や体幹を鍛えるために、スケート独特のトレーニングを行ったそうです。

 

2016年4月の「体重別」には怪我のため出場できませんでしたが、それまでの実績で念願だったリオデジャネイロオリンピックの代表に選ばれました。

 

まとめ

今回は、リオデジャネイロオリンピック柔道男子100kg級の日本代表・羽賀龍之介選手についてでした。

 

「けがを治し、五輪で結果を出して認めてもらいたい」とコメントしていたように、リオオリンピックでは是非金メダルを獲得して欲しいです。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ