サムネ背景

遠藤賢司のがんの病名や症状は?病気療養中をエンケンがブログで報告・・・

 

遠藤賢司(えんどうけんじ)さんが、現在がんで病気療養中ということを、ブログで報告されました。

 

エンケンこと、遠藤賢司さんの病名や症状が気になりますが、詳しい病状は今は分かっていない状態です。

 

スポンサードリンク

遠藤賢司さんのがん闘病

遠藤賢司さんが、ブログで癌での病気療養を報告されたのは、2016年6月11日です。

 

エンケンは、昨年末から体調が優れずに検査をしていましたが、今年3月頭に癌であることが解り、4月から短期入院も経て治療中です。そんな事情で、残念ながらお断りしている仕事も多くなり…ご心配をおかけしているようなので、エンケンと相談の上…ご報告することに致しました。

治療をしながら音楽は続けるとの本人の意思もあり、今後はレコーディングも…ライブも…体調を見ながら、焦らずにゆっくりと演っていく予定です。

音楽は心身共に、エンケンの根源力です。詳しい病状は今は控えさせていただきますが、エンケンも頑張っているので、これからも暖かく見守っていただけたら嬉しいです。(出典:遠藤賢司ブログ館)

 

これは遠藤賢司さんご本人ではなく、エンケンさんのスタッフさんがブログを更新されたようです。そうなるとやはり、がんの病名や症状が気になります。

 

昨年2015年暮れから体調が悪くなり、検査して今年2016年の3月頭にがんだという事が分かり、4月から短期入院を経て治療中という事は、現在は自宅で病気療養中なのでしょうか。

 

遠藤賢司さんのブログには、2016年6月3日に新宿御苑で撮影された写真がアップされています。

 

【画像】エンケンさん6月3日新宿御苑で

 

この写真を見るとお元気そうな感じもします。エンケンさんがピースではなくて、指を3本立てているのは何か意味があるのでしょうか?6月3日だから「3」なのかもしれません。

 

エンケンさんのブログの「3月頭に癌であることが分かり」をいう文章を見ると、頭の癌になったと書かれているかたもいらっしゃいますが、おそらく3月初旬に癌である事が分かったという事だと思います。

 

スポンサードリンク

遠藤賢司さんのプロフィール

遠藤 賢司(えんどう けんじ)さんは、1947年1月13日生まれで、年齢は69歳。

 

出身地は茨城県ひたちなか市で、現在は東京に住んでいるそうです。

 

遠藤賢司さんの愛称は「エンケン」で、自称「純音楽家」のシンガーソングライター・ミュージシャン。

 

エンケンさんが、メインで使う楽器は、アコースティックギター、エレクトリックギター、ぶーるすハーブの他、ウクレレ、ピアノ、ドラムなどの楽器も演奏し、楽曲はほとんど全て自分で作詞・作曲をしています。

 

「純音楽」をキーワードに活動されていて、代表曲は、「夜汽車のブルース」「満足できるかな」「カレーライス」「東京ワッショイ」「不滅の男」「夢よ叫べ」など数多くあります。

 

ちなみに、遠藤賢司さんの好きな食べ物はカレーライスだそうです、曲名に「カレーライス」と付けるくらいなので本当に大好きなんでしょうね!あと、猫も好きみたいで、歌詞の中に猫がとうじょうする楽曲が多いようです。

 

2005年10月15日に、『不滅の男 エンケン対日本武道館』という映画が公開されました。

 

この映画は、2005年1月24日に日本武道館で行われた、遠藤賢司さんの「単独・無観客ライブ」の模様を完全収録したドキュメンタリー映画で、監督もエンケンさんが務めています。

 

不滅の男 エンケン対日本武道館 – 遠藤賢司

 

この動画は、遠藤賢司監督・主演・音楽の映画『不滅の男 エンケン対日本武道館』予告編です。なかなかパンチが効いています!

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ