569-2

【最後の言葉】小林麻央から海老蔵へ”愛してる”のメッセージ

ライター:SARI

乳がんで闘病していた
フリーアナウンサー小林麻央(堀越麻央)

 

6月22日夜に亡くなった報告を受け、
夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが

 

公演中の東京都内の劇場で、
記者会見を開きました。

 

小林麻央さんの海老蔵さんへの
最後の言葉は「愛してる」と、

 

その言葉に海老蔵さんは、
「愛してる」と自身も贈りたい…

 

<スポンサードリンク>

小林麻央さんかの最後の言葉「愛してる」

海老蔵さんが記者会見で、
小林麻央さんの亡くなった当日の
出来事や思いを語りました…。

 

当日の海老蔵さんは、
舞台に稽古と行っていたことを
記者会見の場で明らかにしました。

 

妻:麻央さんの体調が悪いことを
知らされて麻央さんのもとに帰り、

 

海老蔵さんが麻央さんの近くにより、
最後の言葉は「愛してる」という言葉。

 

当日、苦しそうで喋ることもままならない
状態でいた麻央さんの最後の言葉は、本当に
海老蔵さんの心に響いたそうです…。

小林麻央さんの闘病中のようすとは?

小林麻央さんは当時31歳の2014年2月、

 

海老蔵さんと受けた人間ドックで
乳がんが疑われ、同年10月の再検査で
乳がんと判明したそうです。

 

2016年6月に、海老蔵さんが麻央さんの
乳がん発病を公表されたことで多くの人が
知ることとなりましたよね。

 

小林麻央さんは、
2016年9月から自身のブログで
闘病生活をつづっていました…。

 

闘病生活は、2年8ケ月。

 

お姉さんが体調が悪い時も、
母親が看病に疲れていた時も、

 

本当に辛いのは、小林麻央さん自身で
あるのに…いつも周りを励ます様子が…。

 

前向きな言葉や、
家族への思いやり・感謝がたくさんの
麻央さんの様子がブログで伝わりました。

 

<スポンサードリンク>

麻央さん…我が家は「最高の場所」

在宅医療を行うこととなった、
小林麻央さんが心から「我が家は最高の場所」

 

自宅での家族みんなとの幸せな時間、
ブログには「楽しい時間をのこす。」

 

麗禾ちゃん(長女)と、
勸玄くん(長男)との幸せな時間
本当に1日1日を大切に過ごしていた
のだということを感じさせてもらいました。

 

今後も近くで麻央さんが、
家族を温かく見守っているでしょうね。

 

たくさんの笑顔を本当に、
ありがとうございました。

 

海老蔵さんも、勸玄くんの舞台が
行われることと思いますが…

 

頑張っていただきたいですね!
見守って応援していきましょう。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

Facebookページにいいね
いただけると嬉しいです♪




サブコンテンツ

このページの先頭へ