べっぴんさんの感想(第42話)ベビーショップは「キリアス」に!店名の意味は?

ライター:さつき

 

20161119-%e7%ac%ac7%e9%80%b1-%e7%ac%ac42%e8%a9%b1

 

おはようございます。

さつきです。

 

今回は、
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」
第7週目「未来」

※2016年11月14日(月)~19日(土)

 

第42話の感想をまとめました。

※2016年11月19日(土)放送分

 

<スポンサードリンク>

「べっぴんさん」第42話の感想

近江のお父様の実家で、
兄弟が仲直りできて良かったですね。

 

お父様は、お兄様に感謝の気持ちを
伝えて、これからの若者の力になって
欲しいとお願いをする。

 

ゆりさんは、
お母様のはなさんがしていた、
仕事をしたいと申し出る。

 

おばあさまは無理やと・・・。

 

でも、

 

ゆりさんの強い決意を
受け入れてくれる。

 

心は通じますね。
熱意は心を動かすんですね。

 

厳しいおじ様の力を
貸してもらう事になるんですね。

 

ゆりさん、頑張って下さいね。

 

お母さまのように、
強く優しくなっていきますように。

 

栄輔くんの辛い気持ち分かるなー。
自分を責めたくなる気持ちもよく分かる。

 

桜の花の下で、
すみれちゃんとさくらちゃんと
自分の姿を想像して、

ワクワクと心を弾ませていた。

 

すみれちゃん達の幸せを
喜んでいるはずなのに。

 

心の隅に、自分勝手な気持ちが
出てくる栄輔くんの気持ちは、
誰にでもあるよ。

 

モヤモヤした気持ちが早く消えて、

 

本当にすみれ親子の幸せを
心の底から願えるようになっていくと
思うからがんばってね。

 

お店の名前を考えましたね。

 

「キリアス」

 

なるほど、4人の頭文字を入れて、
マスコットはリスと四葉のクローバー。

 

すみれちゃん達は
だんだんと自分達の夢に向かって
進んでいますね。

 

すみれちゃんも、さくらちゃんも、
栄輔くんも、お互いに助け合って
いたんですね。

 

心も通じ合っていたんだと思います。

 

でもやっぱり紀夫くんを待っていた、
すみれちゃんとさくらちゃん。

 

桜の満開のもとに、ただいま!!

 

紀夫くんが、お父さんが、
ついについに帰ってきましたね。

 

お帰りなさい!!

 

静かにジワーっと、
嬉しさがこみあげてきました。

 

親子3人の喜びが
伝わってきましたね。

 

本当に静かな、穏やかな、
幸せな時間のように感じました。

 

最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

ブログランキングに
参加しています。

応援クリック
していただけると嬉しいです☆

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ