サムネ背景

土村芳(つちむらかほ)は何者?君枝を好演「べっぴんさん」32話の感想

ライター:さつき

 

20161108-%e7%ac%ac6%e9%80%b1-%e7%ac%ac32%e8%a9%b1

 

おはようございます。

さつきです。

 

今回は、
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」
第6週目「笑顔をもう一度」

※2016年11月7日(月)~12日(土)

 

第32話の感想をまとめました。

※2016年11月8日(火)放送分

 

<スポンサードリンク>

「べっぴんさん」第32話の感想

いろんなお客様に満足してもらえる。

 

少しづつ、

 

そんな気持ちが通じる
お店になってきてますね。

 

明美さんがお店で泊まってて、
すぐに間に合ってよかったね。

 

最初の頃に文句を言ってたお客様が、
お店の大ファンになってくれてますね。

 

赤ちゃんへのお祝いの品、
たくさん買ってくれてよかったですね。

 

君枝ちゃんは恋愛結婚。

 

お互いに入院中に心が通い合って、
だんな様からプロポーズ。

 

反対を押し切って結婚できて、
子供まで授かることができた。

 

体の弱い自分を守ってくれた
だんな様に感謝してるから、
仕事はやっぱりやめる。

 

と決意する。

 

身体の事を心配して
仕事は無理やと止める。

 

旦那様が君枝ちゃんの熱意に
仕事してもいいと許してくれたのに
倒れてしまう。

 

ちょっと、
張り切りすぎたのかなー。

 

未熟児でへその緒を巻いて
産まれた君枝ちゃん。

 

身体が弱い、
気持ちも落ち込みやすい。

 

マイナス思考の自分を
すみれちゃん達が少しづつ
強くしてくれたおかげで、

 

希望を持てるようになった。

 

だから仕事も続けたい。

 

心の奥には
そんな気持ちもつまっている。

 

君枝ちゃんの気持ちを
優しく受け入れるすみれちゃん。

 

それでいいの?

 

と深い心の奥を確認する明美さん。

 

君枝ちゃん、
心が揺れるね。

 

完全に辞めてしまわなくても
いいんじゃないかな。

 

体調の良い時に、
好きなようにお手伝いができることを
していけるような気がするけどー。

 

責任を持って仕事に
取り組まなければと強く
思いすぎると

 

中途半端に仕事は
できないと諦めてしまうから。

 

ちょっと考え方を
変えてみてはどうかしら。

 

君枝ちゃんの特技は
みんなにとって大切なものだからね。

 

<スポンサードリンク>

 

土村芳(つちむらかほ)は何者?プロフィール

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で
村田(田坂)君枝役を好演している、
土村芳(つちむらかほ)のプロフィール。

 

土村芳さんは、
1990年12月11日に
岩手県盛岡市で生まれました。

 

土村芳さんのお姉さんは、
元IBC岩手放送のアナウンサー
土村萌(つちむら もえ)さん。

 

小学校の時には、
「CAT’S きゃあ」という滝沢市を拠点に
活動をしている劇団にお姉さんと一緒に
3歳の時から所蔵していたそうです。

 

小学校2年生から新体操を始め、
高校時代にインターハイに出場。

 

そして、女優を目指して
京都造形芸術大学映画学科俳優コース
へ進学します。

 

大学時代から劇団に所属し
卒業後の2013年4月から
「ヒラタオフィス」に在籍。

 

「べっぴんさん」の君枝役は
オーディションを通過して
勝ち取ったんだそうです。

 

次世代の「昭和顔」とも
言われている土村芳さんの
これからの活躍が楽しみですね。

 

最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

ブログランキングに
参加しています。

応援クリック
していただけると嬉しいです☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ