サムネ背景

君枝の夫が生還!ゆりが元締に・・・「べっぴんさん」第29話の感想

ライター:さつき

 

20161104-%e7%ac%ac5%e9%80%b1-%e7%ac%ac29%e8%a9%b1

 

おはようございます。

さつきです。

 

今回は、
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」
第5週目「お父さまの背中」

※2016年10月31日(月)~5日(土)

 

第29話の感想をまとめました。

※2016年11月4日(金)放送分

 

<スポンサードリンク>

「べっぴんさん」第29話の感想

ゆりさん、よく頑張ったね。

 

胸がドキドキしましたよ。

 

自分の思っている事を最後まで
きちんと伝えることができてよかった。

 

どんな立場の人も、
上に立つ人は、

 

正しいことを考えてくれる
ことはすると思うから、

 

元締も何かは感じてくれたと思うなー。

 

天国のお母様は、
ゆり姉さんをよくやりましたね。

 

と褒めてくれることでしょう。

 

お父様は、
世の中は理屈通りには
いかんのや。

 

と、世間の事を娘が分かってくれて、
まず第一歩前に進んだと思って、
ちょっと安心したんでしょう。

 

ゆりお嬢様が、
なんでこんな治安の悪い所に
おらんといかんのや。

 

ほんまや、なんでやろなー。

 

何でも相談して欲しいと、
ゆりさんは潔さんに訴える。

 

何か物足りないと
感じてるんでしょう。

 

信頼しているからこそ、
細かい事をいちいち言わんのや。

 

と、潔さんは言う。

 

その気持ちはよく分かる。

 

でも、

 

何でも行って欲しいと思う
ゆりさんの気持ちは、
なおさら凄くよく分かる。

 

女の気持ちかな。

 

パッチワークのテーブルクロスの図面を
とても喜んでくれるお客様に、

 

三人の気持ちが
がっちり結束したと思うけど、

 

君枝ちゃんのご主人も
帰ってきました。

 

喜んで走って胸に飛び込む
君枝ちゃんを心配する旦那様は、

 

今君枝ちゃんがすごくはりきって
仕事をしていることを知らないから、

 

身体の弱い
君枝ちゃんだと思っている。

 

夫婦の絆ですよね。

 

闇市でいろんな品物を集めてきて
販売する潔たちを、

 

お父様は心配して何かを
変えようと思うんですね。

 

その場しのぎの商売はあかん。

 

信用と保障。

 

急がば回れ。

 

商売の基本。

 

人生の基本。

 

なるほど、

 

じっくりと本物の別品を
見つけて作り出して欲しいと
伝えてくれてるんですね。

 

ほとんどの人達は、
その場しのぎの生活をしてるけど、

 

いろいろ困難なことがあっても
進んでいかなければ・・・。

 

その進む道があるということは、
幸せなんです。

 

すみれちゃん、
お母様の声が聞こえたんですね。

 

最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

ブログランキングに
参加しています。

応援クリック
していただけると嬉しいです☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ