サムネ背景

べっぴんさんの魅力とは?人間の心を形成してくれる。第28話の感想

ライター:さつき

 

20161103-%e7%ac%ac5%e9%80%b1-%e7%ac%ac28%e8%a9%b1

 

おはようございます。

さつきです。

 

今回は、
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」
第5週目「お父さまの背中」

※2016年10月31日(月)~5日(土)

 

第28話の感想をまとめました。

※2016年11月3日(木)放送分

 

<スポンサードリンク>

「べっぴんさん」第28話の感想

良子ちゃんの気持ちは
とてもよく分かるなー。

 

なんで、
自分がボロクソに言われて、
バカにされんといかんのや。

 

やっぱりやめよう。

 

旦那様も帰ってきてくれたし。

 

辞める理由を正当化できる。

 

プライドを守れる。

 

でも、
心のどこかで
やっぱり仕事がしたい。

 

良子ちゃんの旦那様の一言
「嘘は大切な人を無くすで」

 

なんと大切な事を
言ってくれたことでしょう。

 

心の大きい
優しい旦那様でよかったね。

 

君枝ちゃんも本音をポロリ。

 

「良子ちゃんに嫉妬する自分がいる。
なんと器が小さい人間か」

 

と自分を責める。

 

ここで、アサやんの一言

 

「そういう自分を認めることが
できるという事は、
器が大きいということやで。」

 

やっぱり、
その通りと思うけど・・・。

 

すみれママは、
友達の特技を生かして
みんなで助け合って、

 

より良い物を作り上げていきたいと、
常に思っているね。

 

その気持ちは
みんなに通じているはず。

 

だんだん、
四つ葉のクローバーが
美しくなっていくでしょう。

 

ゆりさんは、
どうしても潔のすることが
納得できない。

 

お父様に

 

「文句ばかり言うばっかりでは
何にもならん。自分で行動を起こして
何とかしなさい」

 

と言われて、
本気でぶつかっていく。

 

みんなビックリするけど、
何か期待してる?

 

天国のお母様がゆり姉さんを
守ってくれるといいなー。

 

べっぴんさんは、
とてもためになると思う。

 

人間の心を形成してくれる。

 

自分の心の中に芽生えた
良い事も悪いことも気付かせてくれる。

 

悩まなくても大丈夫と思わせてくれる。

 

清らかな気持ちを持たなければと
反省させてくれる。

 

番組制作者の皆さま、
ありがとうございます。

 

仲間を信じて、
前を向いて行こうと思わせてくれる。

 

すみれちゃんの
澄んだ瞳がとてもいいですね。

 

最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

ブログランキングに
参加しています。

応援クリック
していただけると嬉しいです☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ