サムネ背景

ベビーショップ・ファミリアのコンセプト「べっぴんさん」24話の感想

ライター:さつき

 

20161029-%e7%ac%ac4%e9%80%b1-%e7%ac%ac24%e8%a9%b1

 

おはようございます。

さつきです。

 

今回は、
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」
第4週目「四つ葉のクローバー」

※2016年10月24日(月)~29日(土)

 

第24話の感想をまとめました。

※2016年10月29日(土)放送分

 

<スポンサードリンク>

「べっぴんさん」第24話の感想

真っ白の布を見て、
ガーゼは肌着に向かんよ。

 

肌着はメリアスよ。

 

ベビー・ショップ「ファミリア」の
コンセプトの始まりなんだなー。

 

大は小を兼ねない。

 

身体にピッタリした方が、
赤ちゃんの運動を助ける。

 

縫い目は外に、
敏感な肌を刺激しないように、
よりソフトに丁寧に肌着が出来上がる。

 

メリアスの欠点。

 

洗うと横に伸びて、縦に縮む。

 

だけど、
もう一度洗うと元に戻る。

 

だから、
製品を作る前に洗いましょうと、

 

いろいろ試行錯誤して、
肌着が出来上がる。

 

お母様のに教えてもらった、
四葉のクローバーをトレードマークに

 

看板を作り、
いよいよベビーショップが始まる。

 

勇気、愛情、信頼、希望、
心にいつもあります。

 

旦那様からもらった大切な時計も
とっといてやるからな。

 

頑張れよ。と、

 

人情豊かな
優しい人達の集まりの中で、

 

すみれママ達は仕事が出来て、
良かったなーと思います。

 

小さなウインドウに、
デザイン、色、素材などを考えて、

 

皆の意見を入れながら、
上品な子供服ワンピースを
作って飾ります。

 

かわいいウィンドウになりました。

 

私たちの顔でしょ。と、
すみれママ達は張り切ってます。

 

テレビに写し出された
可愛らしいワンピースは、

 

今もファミリアコーナーに行けば
ディスプレイされてます。

 

白い衿、
くるみボタンに
可愛い刺しゅう。

 

子供達が大好きなポケットを付けて、
成長に合わせて伸ばせる、

 

裾のたっぷりとした
縫い上げをとってある。など、

 

本当に丁寧に作り上げた
上品な子供服があります。

 

一度は我が子に
着せてあげたいなーと、

 

ママやおばあちゃん達は
思っているんです。

 

お値段はちょっと上の方ですけど・・・。

 

最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

ブログランキングに
参加しています。

応援クリック
していただけると嬉しいです☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ