サムネ背景

朝ドラ「べっぴんさん」に原作はある?脚本は渡辺千穂でモデルは誰?

 

 

 

2016年10月3日(月)から、

新しい朝のNHK連続ドラマ

「べっぴんさん」が始まります。

 

朝ドラ「べっぴんさん」に原作はあるのか?

脚本を担当している渡辺千穂さんはどんな人?

実在の人物がモデルらしけど誰?

 

今回は「べっぴんさん」の

こんな疑問についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

「べっぴんさん」に原作はある?

結論から言うと

「べっぴんさん」に原作はないそうです。

 

「べっぴんさん」の脚本を担当するのが

脚本家の渡辺千穂(わたなべちほ)さん。

 

「べっぴんさん」は、

渡辺千穂さんのオリジナル作品です。

 

渡辺千穂さんはどんな人

「べっぴんさん」の脚本を担当する

渡辺千穂さんがどんな人かを調べました。

 

渡辺千穂さんは、

生年月日が1972年10月18日。

年齢は43歳の脚本家。

 

本名は羽鳥千穂さんですが、

フリーアナウンサー羽鳥慎一さんの奥さん

なんだそうです。

 

 

東京都出身の渡辺千穂さんは、

ドラマ『天体観測』で2002年にデビュー。

 

2014年8月18日に羽鳥慎一さんと結婚し、

2016年1月末に第1子女児を出産。

 

渡辺千穂さんの主な作品は、

 

【テレビドラマ】

・2011年「名前をなくした女神」

・2012年「サキ」

・2014年「ファースト・クラス」

 

【映画】

・2005年「さよならみどりちゃん」

・2008年「赤い糸」

・2015年「レインツリーの国」

・2016年「植物図鑑」

 

などがあるそうです。

 

「植物図鑑」は奥さんが見に行きましたが、

これも渡辺千穂さんなんですね。

 

スポンサードリンク

「べっぴんさん」のモデルは誰?

「べっぴんさん」でヒロインを務めるのは、

芳根京子(よしねきょうこ)さん。

 

演じるのは坂東すみれ役ですが、

そのモデルとなっているのが、

子供服専門店「ファミリア(familiar)」の

創業者4人のうちの一人です。

 

「べっぴんさん」は

実在の人物がモデルですが、

激動の時代を生きた女性たちの

人生の物語として大胆に再構成した

フィクションなんだそうです。

 

「べっぴんさん」のモデルになった

坂野淳子(ばんのあつこ)さんは、

1918年4月11日に兵庫県神戸市で

生まれました。

 

レナウンの創業者・佐々木八十八さんの

三女として生まれた坂野淳子さんは、

甲南女子高等学校を卒業。

 

1950年4月12日、「株式会社ファミリア」を

神戸市生田区三宮町2丁目に開店。

 

会社名のファミリアは、

フランス語で「家族」という意味が

あるそうです。

 

坂野淳子さんは2005年に

87歳で亡くなられました。

 

「べっぴんさん」の音楽は世武裕子

「べっぴんさん」で音楽を担当するのは、

滋賀県出身の世武裕子(せぶひろこ)さん。

 

世武裕子さんは、

パリ・エコールノルマル音楽院

映画音楽作曲科を卒業。

 

2008年にデビューした世武さんは、

 

映画『だいじょうぶ3組』

映画『ストロボ・エッジ』

映画『ダライ・ラマ14世』

ドラマ『恋仲』

ドラマ『好きな人がいること』

 

などを手掛けたそうです。

 

まとめ

「べっぴんさん」はファミリア創業者の1人

坂野淳子さんがモデルという事ですが、

母親がベビー用品店で務めていたので

ファミリアは小さい頃から馴染みがあります。

 

「べっぴんさん」の放送を記念して、

ファミリア創業から現代を振り返る

「ファミリアの軌跡展」が開催されています。

 

2016年9月21日~2017年4月3日まで

ファミリア銀座本店と神戸元町本店で

開催されているようですが、

店舗は随時追加されるそうです。

 

「べっぴんさん」効果で、

ファミリアの売れ行きが上がるかも

しれませんね。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ