サムネ背景

荒井広宙(ひろおき)経歴や高校、大学、出身地や身長は?再抗議で銅!

 

荒井広宙(ひろおき)の経歴や高校、大学、出身地や身長などのwikiプロフィールをまとめました。リオオリンピックの競歩で、再抗議の結果銅メダルを獲得した選手です。

 

スポンサードリンク

荒井広宙のwikiプロフィール

荒井広宙(あらいひろおき)さんの生年月日は1988年5月18日で、現在の年齢は28歳。

 

出身地は、長野県上高井郡小布施町出身で、競歩の選手として活躍。

 

身長は180cm、体重は62kg。

 

荒井広宙の学歴や経歴

荒井広宙選手が通っていた高校は、長野県中野市にあった公立高校・長野県中野実業高等学校ですが、2009年3月に閉校しています。

 

競歩は高校2年生の時に始めました。

 

大学は、福井県福井市学園にある福井工業大学を卒業。その後、石川県内にある「北陸亀の井ホテル」という民間のホテルに所属。

 

2011年に行われた「世界陸上競技選手権大会」の50km競歩に出場し10位に入りますが、2012年のロンドンオリンピックには出場できませんでした。

 

荒井広宙選手は2013年から自衛隊体育学校に所属が変わり、「2015年世界陸上競技選手権大会」の50km競歩で4位入賞という好成績を残します。

 

そして、2016年の「全日本選手権」でオリンピック派遣標準記録を上回り、リオデジャネイロオリンピック50km競歩の日本代表に選ばれました。

 

スポンサードリンク

リオで再抗議の末銅メダル!

荒井広宙選手は、2016年8月19日に行われた「リオデジャネイロオリンピック男子50キロ競歩」に出場し、3時間41分24秒のタイムで見事銅メダルを獲得しました!

 

が、荒井広宙選手の銅メダルが決定するまでには、いろいろあったようです。

 

荒井広宙選手が3位でゴールした後、順位を争っていたカナダのダンフィー選手側から、新井選手に妨害行為があったとして抗議を受け、1時間以上の競技の結果失格処分になってしまいました。

 

ゴールまで残り1.2キロ付近で、並走していたダンフィー選手と上半身が接触し、ダンフィー選手がバランスを崩して後退してしまうという出来事があったそうです。

 

そのことにより、新井選手の銅メダルが取り消されましたが、日本側が再抗議。

 

国際陸連の理事5人がもう一度再協議をした結果、荒井広宙選手の失格処分が取り消されて、銅メダルが確定しました!

 

まとめ

失格と銅メダルでは本当に大きな違いなので、日本側の再抗議が受け入れられて本当によかったです。

 

荒井広宙選手は「お騒がせしてすいません。(相手に)当たらなければ良かったんですが…。(メダル確定の瞬間)うれしかったです」と喜びのコメントをしていました。

 

日本勢の競歩競技では、今まで7位入賞が最高だったそうで、荒井広宙選手の銅メダルは日本史上初の快挙です!

 

荒井広宙選手、本当に銅メダルおめでとうございます!

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ