サムネ背景

「仰げば尊し」最終回(第8話)の予想や感想、出演者のコメントなど

 

ドラマ「仰げば尊し」の第8話が2016年9月11日(日)21時からの放送でいよいよ最終回を迎えてしまいます。

 

「仰げば尊し」は毎週楽しみに見ていて、いつも感動しているので、最終回で終わってしまうのはとても残念です。

 

「仰げば尊し」最終回のあらすじや予想、出演者や視聴者のTwitter(ツイッター)でのコメントや感想をまとめました。

 

スポンサードリンク

「仰げば尊し」最終回のあらすじや予想

ドラマ「仰げば尊し」最終回(第8話)のあらすじはこちらです。

 

 

手術から目覚めた樋熊(寺尾聰)に、渚(石井杏奈)青島(村上虹郎)たち美崎高校吹奏楽部が、県大会突破を知らせる。

全国大会を目指すために留学を延期した木藤良(真剣佑)「勝手なことをしてすみません」と謝るも、「お帰り」と優しい言葉をかける樋熊

美崎高校吹奏楽部の快挙は新聞でも大きく報道され、これには小田桐(石坂浩二)校長だけでなく、鮫島(升毅)教頭をも大いに喜ばせる。

樋熊の一日も早い復帰を待ち望む生徒たちは、奈津紀(多部未華子)経由で病院のベッドから伝えられる樋熊の指示を頼りに猛練習に励んでいた。

そんなある日、樋熊は関東大会のステージに立てないと、奈津紀が部員たちに伝える。

果たして、樋熊の病状は? そして、樋熊を欠いて関東大会へ臨む美崎高校吹奏楽部の運命は!?

(出典:日曜劇場『仰げば尊し』HP)

 

樋熊先生は関東大会のステージには立てないみたいですね・・・。

 

手術の結果が思わしくなかったのでしょうか。

 

個人的な予想としては、関東大会を突破して全国大会に進み、全国大会のステージで樋熊先生が指揮をしているシーンで終わるのかなと思っています。

 

スポンサードリンク

 

出演者や視聴者のコメントや感想

 

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ