サムネ背景

阿部慎之助が6600万円ダウン!2017年は捕手封印で2000本安打

巨人の阿部慎之助が6600万円ダウンで契約を更改しました。

 

阿部慎之助は今回の6600万円ダウンで、年棒が2億6000万円に下がりましたが、それでもまだ2億以上あるんですね。

 

来年2017年は、キャッチャーはやらないことも名言しています。という事は、たぶんファーストという事になると思います。

 

スポンサードリンク

阿部慎之助が6600万円ダウン!

阿部慎之助の6600万円ダウンは、2016年は91試合にしか出場できなかった事を考えると、本人も納得しているのではないでしょうか。

 

今年の阿部慎之助選手は、右肩の痛みが原因で、開幕戦は2軍で迎えました。

 

そして、最終的な成績は、打率3割1分、本塁打12、打点52という結果に終わりました。

 

打率が3割を超えているところはさすがですが、阿部慎之助選手の実力からすると、ホームランや打点がやっぱり物足りないですよね。

 

2017年は2000本安打達成か?

阿部慎之助選手は、2016年のシーズンが終了した時点で、通算で1917本のヒットを打っています。

 

つまり、あと83本で通算2000本安打の大記録を達成するということになります。

 

阿部慎之助選手はこのことについて、「一番近い目標にあると思うので最初はそこを目指してスタートできる。打ったら打ったであっけないと思う」と、契約更改の会見でコメントしたそうです。

 

まあ、阿部慎之助選手の実力なら、普通に試合に出場していれば、年間83安打は達成できる記録ですよね。

 

スポンサードリンク

ツイッターでの反応

阿部慎之助選手が6600万円ダウンで契約を更改した話題について、ツイッターではこのようなツイートがされていました。

 

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ