サムネ背景

一宮タワーのイルミネーション 2016!おすすめ人気デートスポット♪

ライター:SARI

 

image

 

 

東海地区の行きたいおすすめスポット

冬と言えば・・・!!!

 

人肌恋しい季節!

お鍋の美味しい季節!

クリスマスの季節!

ウインタースポーツを楽しむ季節!

 

布団の恋しい季節…笑

 

さまざまな楽しみ方があると思います(^ ^)

 

 

今回のおすすめスポットは、こちら↓

 

<スポンサードリンク>

イルミネーションの見に行こう!!

image

 

愛知県一宮市にある

国営木曽三川公園138タワーパーク

(開催場所☞愛知県一宮市光明寺字浦崎21-3 )

にて毎年行われている冬のイベント

 

開催期間・時間帯 ↓↓↓

2016年11月12日~12月25日

点灯時間/17:00~21:00

※土日祝および12月2日、9日、16日、22日は22:00まで 毎年開催されていて、今年で21回目です☆

 

2016年のテーマは!!

一宮タワーのイルミネーション2016のテーマは

「River~つながるいのち~」

 

川や滝、雨、水上都市、天の川をイメージしたイルミネーションです。

 

約50万球の輝きの世界が広がります⑅◡̈*

 

美濃和紙で作られた「あかりアート」の小道や、イルミネーション装飾を施した大きな魚のバルーンアートが見られます。

 

ツインアーチ138展望階では、天の川を連想させる真冬の七夕イルミネーション。

 

さまざまな「川(River)」が表現されます。

 

川といのちの躍動を感じることのできるイルミネーション装飾になっているそうです。

 

イルミネーションで作られた「川(River)」!!

想像するだけで、とてもロマンチックで綺麗なんだろうな~って思います☆

 

園内のエリアによって楽しめるポイントがいくつか用意されているので毎年楽しみにしちゃってます。

 

image

 

冬のおでかけスポットとしてはかなりおすすめでゆったり出来ると思います。

 

リーズナブルに楽しめちゃいます!!

綺麗なイルミネーションが見られる!

なにより無料で入れてしまうのです( ˙³˙)~♡

 

お得すぎます!!

とってもリーズナブル(^ ^)

(※タワーに登る際は、大人500円、シルバー250円、小人200円、幼児100円が必要になります)

 

駐車場もタワー公園にある駐車場が利用できるので無料です。

 

デートプランに、

いれちゃうのもありかと思います⸜( ⌓̈ )⸝♡

 

いろんな楽しみ方をこの冬楽しめるといいですね☆

 

<スポンサードリンク>

おまけ↓↓

東海地区の行って見たいおすすめスポット

岐阜県にある、養老天命反転地

☞ (岐阜県養老郡養老町高林1298-2)

 

料金:大人 750円、高校生 500円、小中学生 300円

 

どんなおすすめスポットかというと…

 

世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、 身体で直接体験できるアート作品が体験できちゃいます。

 

「楕円形のフィールド」には、「極限で似るものの家」を分割した9つのパビリオンが点在。

 

さらに、対をなす丘とくぼみ、148もの曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島などがつくられています。

 

ここでは、皆さまが身体を使い、バランスをとりながら、私たちの身体の持つ様々な可能性を見つけることができます。

 

予想もつかない”不思議”と出会える空間が楽しめます!!

 

家族でも♡

カップルでも♡

 

不思議に出会いぜひ出かけてみてはどうでしょうか?

 

Twitterなどでも

【一生に一度は見ておきたい日本の絶景】などと紹介されています☆

 

ぜひおすすめのスポットです(・ω・)

 

マイナスイオンを感じに…

紅葉も見られるスポットですよ~( ˙³˙)

 

上記で紹介しました 養老天命反転地から車で10分のところにあります【養老の滝】へ行ってみてください(⍢)

 

これからの季節は、滝に向かう途中で紅葉 が見られたりします。

 

現在、上映中の大ヒット映画「聲の形」(こえのかたち)。

 

原作の第5巻 第40話(P.139~156)

「デートごっこ」の中で、 将也(入野自由)と硝子(早見沙織)が デートで養老公園にやって来てきます!!

 

原作では、「養老の滝」や「養老天命反転地」が登場します。

 

マイナスイオンを感じて、自然に癒されて、季節を感じることも出来るようなおすすめスポットにぜひ出かけて見てください。

 

紹介したなかでも、養老の滝へ私自身も年に2度は必ず訪れる場所です!

 

東海地区のおでかけスポットまだまださまざまな場所を見つけて行きたいと思います(^ ^)

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ